2014年 9月 の記事

北電 オール電化 ドリーム8の深夜料金 値上げ前から70%アップ

2013年8月31日以前のドリーム8深夜料金は8.55円/kWhでした。
現在、10.43円/kWhになっています。
で、今回申請通りの値上げは一律4.11円値上げですので、14.54円/kWhになります。

8.55円/kWhからわずか1年程度で14.54円/kWhになってしまいます。
1年程度で70%以上の値上げです。

もともとの8.55円/kWhが安かったから一律の値上げして比較すると、多く値上げされているように感じるという話を北電はされますが・・・
それなら、オール電化のメリットはない。
ある程度設備が古くなったら、オール電化をやめることも選択肢に入れても良い時期かもしれません。
(お金貯めなきゃ!!)

こうなったら電気料金高くしてもらって、2016年の電力小売り全面自由化になった際には、電力販売業者の参入しやすい環境になってくれればいいと思ったりもします。(やけくそですね・・・)
そう考えてみると
「原発再稼働したら2ヶ月以内に電気料金は値下げする。」
という北電の副社長の発言は、電力小売りの全面自由化を視野に入れて牽制発言だった側面もあるのかもしれないですね。

値上がりした電気料金は、北電からだけではなく、2013年から比べると今年4月に上がった消費税の3%分も増えています。
来年10月に消費税10%になると思うと、すでに恐ろしいのに、これ以上どうしろと・・・。
という気持ちになっちゃいます。

ガソリンも高いですし、普通に生活していくための経済的負担が大きくなっていきますね。。。

セルロースナノファイバー 無尽蔵の植物100%素材 重さは鉄の1/5で強度は5倍

植物のもつセルロースを細かくした再生可能で無尽蔵な植物100%素材のセルロースナノファイバー。
このセルロースナノファイバーだけを集めて圧縮したものは、重量が鉄の1/5で強度が5倍、170℃に熱した油に入れても熱膨張によって変形しないものになる。
将来は、車や家電に使われることも期待されている。
さらに、透明にすることにも成功し、ディスプレイなどにも活用も可能になりそうだという話。

夢の扉 鉄より強い植物素材 動画

セルロースナノファイバーは、強い素材もできる上に食べ物に混ぜると良い効果も。
ラーメンに混ぜれば、伸びにくいラーメン、ソフトクリームに混ぜれば、溶けにくいソフトクリームなどができる!

ナノファイバーがとれる植物は、木材だけではなく、じゃがいもです稲わらでもいいそうです。

すごいですね。

この素材を開発したのは京都大学の矢野教授。
矢野教授のWEBサイトにもっと詳しく載っています。

セルロースナノファイバーとは Cellulose Nanofibers
京都大学生存圏研究所 生物機能材料分野

ナノセルロース20090403

環境に負荷をかけないモノづくりが進んでいきそうですね!

北海道電力「再々値上げしない!」と言っている件。

北海道電力が政府に申請した電気料金の値上げについて、経済産業省の有識者会議「電気料金審査専門小委員会」の3回目会合が5日、経産省で開かれた。

北海道電力は料金算定の対象期間である2015年度までは再々値上げをしない方針を示した。
(今回がすでに再々値上げなのにな~。)

酒井修副社長は、
「泊原発(後志管内泊村)が見込みより早く再稼働した場合は、営業運転後、2カ月以内に値下げを目指していきたい」
とし、
「前提よりも遅く再稼働した場合、収入不足になるが、再々値上げはしない」
と述べた。
再稼働が想定より遅れた場合でも、再稼働が実現すれば今回の審査の料金算定期間が終了する2016年度以降に値下げするとした。

申請時に前提となる燃料費は2013年4月から2016年3月の3年間で、申請時点では、この間の燃料費を割高な石油の価格で算定しており、再稼働の時期が早まった場合、再値上げによる料金の取り過ぎが生じるため、値下げしないということはありえないはず。

北海道電力 泊原発再稼働時期(申請されている予定)

  • 2015年11月:3号機
  • 2016年1月 :1号機
  • 2016年3月 :2号機

と想定して再値上げを申請。

原発の再稼働の見通しが2016年度以降も立たないケースについて酒井副社長は取材に
全くずっと稼働しないということは想定外で考えていない
と答えましたとさ。

『2015年度までは再々値上げをしない方針』といいますが、すでに再々値上げなのにな~
と思っているのは私だけではないはずです!!
これ逆に
『原発再稼働ができなければ、2016年度以降は再々値上げする方針』ってことですか・・・
再稼働できなかったら、どんどん電気料金の値上げするからね。という脅しにも聞こえる。

北電の再々値上げは、認められてしまうのでしょうか・・・

専門小委は9月11日に札幌市で公聴会を開いて利用者の声を聞くことも予定している。

そもそも、原発再稼働と電気料金をごちゃまぜにして話しているのがおかしいんですけどね・・・。

地球のアルベド

地球の気温は、太陽から入ってくる熱と、宇宙へ出て行く熱のバランスで決まります。
太陽から地球に入ってくる熱は、アルベド(反射率)によります。
太陽からの熱をどれくらい反射しどれくらい吸収するかが決まります。

地球全体としてどのくらい反射しているかというと、

地球全体の平均アルベド:およそ0.3
(季節による変動や地形・大気の状態などによる差を考慮した平均値)

太陽の熱の30%が反射され、70%がいったん地表と大気に吸収されます。
吸収された熱が地球の温度を決めます。
(吸収されたエネルギーも長い時間をかけて赤外線として再び宇宙に放射されます。)

地球全体のアルベドは、平均して0.3ですが、黒は熱を吸収しますし、白は反射しますので場所によって違います。
それぞれのアルベドを簡単に一覧にしてみました。

アルベド(反射率)

  • 水:0.1
  • 森林:0.1~0.2
  • アスファルト:0.15
  • 住宅地:0.2
  • 砂漠:0.25
  • アスファルト:0.45
  • 氷:0.45~0.65
  • 白い雲:0.7
  • 新雪:0.8~0.9

(色々な書籍やWEBサイトを参考。)

※勉強しながら書いている記事なので、誤りがあるかもです。

TOP