2014年 10月 4日 の記事

意外にも太陽熱発電の伸び率1位

太陽熱発電所

2004年から2013年にかけて世界の総出力の伸び率は太陽熱が1位。

ちなみに風力は3位。

太陽熱発電は、太陽の熱で水分を蒸発させて、蒸気の勢いでタービンを回す。
というもの。

太陽光と違い、太陽電池は不要で、コストを抑えられる。
また、熱として蓄えることができるので、太陽が沈んだあとにも発電することができるメリットがある
日が出ていなくても最長で15時間も発電できる発電所もある。

世界の太陽熱発電所の総出力は太陽光発電の3%程度でしかない。
(2013年時点)
国際エネルギー機関は。2035年には太陽熱発電の総発電量が太陽光発電の60%に迫るという予測をしている。
今後、まだまだ伸びそうな太陽熱発電。
期待したいですね。

アイヴァンパ
アメリカ カリフォルニア州とネバダ州の境ある140mのタワー3基。
太陽を追尾できる装置を備えた鏡34万7000枚。
面積は14.2平方キロメートル。
最大出力は約39万kW。
現地での14万世帯に電力を供給している。
2014年2月に全面稼働を開始。
google、NRG Energy社、BrightSource Energy社が出資している。
サイト:http://www.ivanpahsolar.com/

ヘマソラール
スペイン アンダルシア州。
世界初の24時間運転可能な商用太陽熱発電所。
高さ140m。
最大出力は12万kW。
年間発電量は日本に一般家庭3万世帯分に相当。

世界と日本の風力発電量

風力発電

世界中の風力発電量は2011年時点で年間4340億キロワット時(以下kWh)。
太陽光による発電量の約7倍にもなる。
1億4000万人分相当となる。
(世帯平均での1人当たりの年間消費電力約3100kWh)

風力発電は条件のもっとも良い場合、1kWh5円前後で格安のエネルギーになる場所もある。
デンマークのロラン島などでは風力発電量が島での使用量を超えているようなところもある。

日本はというと、風力発電量は約134万世帯分。
(2012年度 日本の標準的な年間消費電力量は約3600kWh)
約48億2400万kwh。
北電が買い取り拒否をしたりなどしていますし、これから海洋風力なども期待できるのでもっと自然エネルギーが増える余地はありそうですね。

洋上ウィンドファーム

陸に比べると、洋上の方が風は強く、風力発電の出力は風速が2倍になれば8倍にもなる。
日本では、海は権利が何かと大変だそうで、漁業などとうまくやっていってくれれば拡がっていくのかもしれませんね。
(地熱の温泉組合などとの関係と同じようになっていくのでしょうか・・・)
福島洋上風力コンソーシアムで実証実験が2011年から行われているそうです。

TV番組「夢の扉」でもやっていました。

TOP