大気中のCO2濃度(2016年)

世界気象機関(WMO)によると、
2016年の地球全体の大気中のCO2濃度は、前年より3.3ppm増加し、403.3ppmに達した。
メタン(CH4)は1853ppb
一酸化二窒素(N2O)は328.9ppb
いずれも観測史上、最高値を更新。
大気中のCO2濃度は300万年前と同じ水準になった。
また、CO2濃度の増加量は、最近10年間の平均年増加量(約2.2ppm/年)だったが、2016年は3.3ppm増加。
2015~2016年にかけてのエルニーニョ現象が原因で、2017年には大気中のCO2濃度は減少する見通し。

CO2排出量(2017年)

ドイツ・ボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)で13日、2014年以降横ばいとなっていた世界の二酸化炭素(CO2)排出量が、2017年には2%上昇する見通しだとの研究結果が発表された。
2017年に人間の活動によって排出された世界のCO2量は410億トンと推計。
国際研究チーム「グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)」によると、排出量増加の大部分は中国とインドによるもので、排出量は中国が3.5%、インドが2%上昇すると見られている。

地球温暖化の原因は、世界経済の原動力となっている石炭や石油、ガスの燃焼にあるほか、森林伐採も大きな原因の一つとされている。