WBSで一か月ほど前にやっていた超電導の特集。
WEBで動画が公開されていました。

実用化迫る!超電導 | WBS

夢の省エネ技術として1980年代から研究が進められてきた「超電導」がいよいよ実用化に近づいてきました。
セ氏マイナス200度前後で電気抵抗が無くなる超電導材料を世界で初めて量産に成功した住友電工は1月から大阪工場で送電実験を開始、長期間運用して検証します。
また電気自動車用のモーターへの応用開発も進めています。
超電導モーターを使うと、電気自動車の航続距離は2~3割伸びるということで、まずバス向けに採用を働きかけ、2020年の量産を目指します。
超電導実用化への課題の一つが冷却などのコストですが、中部大学の山口作太郎教授は熱を通さない半導体などを開発し、10年以内に20キロの長距離超電導送電を目指します。
北海道石狩市ではデータセンターを運営するさくらインターネットを中心に超電導を活用したスマートシティー構想も動き出しました。「究極の省エネ技術」とも言われる超電導の最新事情を追います。

超電導ケーブルは0.2mm幅4ミリのもので直径16mmの銅線に相当する電流を流すことができる。
そして、送電ロスがなくなる。
従来の銅線では、電気抵抗があり、距離が長いほど送電ロスが発生し、発電から電気が使われるまで5%のエネルギーが熱エネルギーとして損失している。
住友電工開発部の山田雄一さんによると、日本では送電ロスによって大型発電所6基分ぐらいのエネルギーを損失しているという。
住友電工では、超電導ケーブルの生産技術が向上し、ここ数年で流せる電流を5倍、コストは数分の1になったとのこと。

電気自動車で超電導モーターを使えば、航続距離が2~3割伸びるというのは驚き。
2008年から試作しているようです。
世界初となる超電導電気自動車を試作 | 2008年6月12日

まだまだ時間はかかりそうですが、日本で送電網の再構築ができれば、現在の各電力会社間の融通の利かない送電網も改善されていくのかもしれませんね。

余談ですが、さくらインターネットの石狩市データセンターで一般家庭の1万戸の電力を消費しているというのも驚きました。
今後は、変電所からデータセンターまで2キロの距離を超電導ケーブルでつなぎ、電圧変換が不要の直流給電と超電導の組み合わせで消費電力は3割カットされる見通しだといいますが、、、
それでも、一般家庭7000戸分の消費電力は膨大ですね・・・
(確か、ここのデータセンターは冬に間に雪を保管しておいて、夏はサーバーの冷却に使用して消費電力を抑えるということもしている。)

データセンターの電力消費量は膨大だと聞いてましたが、ここまでとは。
そういえば、仕事であるデータセンター内に入ったことありますが、空気の循環が半端じゃなく結構な風を受けたことを思い出しました。

sponser