4月17日、北海道電力は出力2000kW以上の太陽光発電所(メガソーラー)の申請が3月末時点で87件(計156万キロワット)に上ったと発表した。
しかし、受け入れられる容量は40万kWだとも発表しており、接続できるのは4分の1程度。
北電の供給能力では40万キロワット程度が既存の火力、水力発電で変動分を補える限界だとのこと。

接続拒否されてしまった会社も。。。

「まるで、キツネにつままれた気分だ」──。札幌市で、メガソーラー用の土地開発を手がけるリアルマジシャンの高橋大介代表は、4月17日夜に事務所に届いたファクスを見てぼうぜんとした。
送り主は、北海道電力。高橋代表が申し込んだメガソーラーが接続容量の限界に達しており、申し込み上位の案件が確定した場合に「接続をお断りさせていただくことになります」と記されていた。
高橋代表は昨年7月、1万1500キロワットのメガソーラー建設のため、日高町内の土地を9000万円で購入していた。1月からは接続協議を始めており、申し込み順位も2000キロワット以上では87件中22番目だったため、接続できる可能性を信じていたという。
だが、北電は17日、送電容量の問題で、受け付けた156万キロワット分の計画のうち約4分の1に当たる40万キロワットしか接続できないと公表。リアルマジシャンの計画も、わずかに上限を超えた順位に位置していたことが判明した。
「北電によくよく聞くと、37万キロワットぐらいしか接続できないようだ。せっかく『全量買い取り』という言葉を信じていたのに」
北電と経済産業省はメガソーラーに蓄電池を設置することや、2000キロワット未満に容量を減らすことを推奨しているというが、高橋代表は「精査した上で今後の対応を考える」と言う。
北電と経産省は昨年12月の時点で、接続容量が40万~60万キロワットにとどまるとの見通しを公表していたため、リアルマジシャンのように、土地の購入まで進めていた案件は多くないようだ。だが、北電管内では、ソフトバンクやオリックスなどの大企業も案件を計画しており、各社の影響は決して小さくなさそうだ。
ソフトバンクは、公表済みの計約18万キロワットの計画は接続できるようだ。だが、業界関係者は「ソフトバンクは、公表していない他の大型案件に調査費だけでも1000万円程度をつぎ込んでいる」と打ち明ける。

ダイヤモンド オンライン
申し込みの4分の3を門前払い
北海道ソーラー計画頓挫の裏(5月10日)
http://diamond.jp/articles/-/35586

5月16日に、ソフトバンクの孫正義社長は東京都内で開かれた自然エネルギー協議会の総会にビデオ参加し、
「太陽光エネルギーをつくっても意味がない」
と批判している。

太陽光発電に関する都道府県別設備認定状況(2012年12月)
太陽光発電に関する都道府県別設備認定状況
北海道における大規模太陽光発電の接続についての対応 | 資源エネルギー庁
(2013年4月17日)
http://www.hepco.co.jp/info/2013/pdf/130417b.pdf
———–

メガソーラー用に土地購入して計画をすすめていたものが頓挫してしまったというのは、かなりショッキングですね。
ちなみに、北海道電力は、500~2000kW未満の太陽光発電所の受け付けは28.9万キロワット(申請256件 3月末時点)。
こちらは、少し余力があるという。

sponser