シェールガスの大規模開発が始まって8年。

ガスの産出量の減少がこれまでのガス田に比べて早いことがわかってきた。
シェールガスのガス田では産出3年程度で産出量が75%以上も減少するという。
産出量を維持していくには新しい井戸を次から次へと掘らなければいけない。
(毎年3割以上をリプレースしなければならない)

それに加えて、ガス価格の低迷や技術者の獲得などで赤字状態。
アメリカ全体で2012年にかかったコストは420億ドルとも言われている。
2012年 アメリカ全体のシェールガス売上高は325億ドル。

2013年のアメリカの天然ガス価格は3~4ドル。
シェールガスは岩石層に溶け込んでいるため採掘には高度な技術が必要で費用も多くかかる。
また、シェールガスブームによって、掘削技術者への高い報酬も生産コストを上げている。

そういうもろもろの事情で

  • 大阪ガスは、テキサス州で進めていたシェールオイル・ガス田開発で想定通りの生産ができないと判断、290億円の特別損失(投資総額330億円)を計上。
  • 英ブリティッシュ・ペトロリアムもすでに21億ドルの評価損を計上。
  • 2013年4月、オクラホマ州でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズが米連邦破産法第11条を申請。
  • 2013年10月には、ロイヤル・ダッチ・シェルが240億ドルを投じた米国のシェールガス事業が失敗に終わったとの観測が高まっている。

などなど、不吉な動きもみられるとのこと。

「なぜシェールガスはカベにぶつかっているのか
世界平和研究所主任研究員の藤和彦氏に聞く」より
http://toyokeizai.net/articles/-/28835

シェールガスの暗い話題の一方で明るい話題も!

  • 2014年1月5日
    米ペンシルバニア州グリーンカウンティにある25カ所のシェールガス鉱区を開発するため、中国最大の石炭開発会社神華グループは米ECAと組み、合弁会社設立。
    神華グループは9000万ドルを投資し、ECAは運営する。
  • 1月13日、フランス系大手石油会社のトータルは、イギリス中東部リンカーンシャー地域のシェールガス開発に4800万ドルを投資すると発表。
    イギリスに埋蔵されているシェールガスは約7400億立方メートルと言われる。(ロシア、ポーランド、フランス、デンマークに続く欧州5位の埋蔵量)
    トータルはすでに米国、アルゼンチン、中国、オーストラリアなどですでにシェールガス開発が始動している。

採掘技術が米国で商用化されてからまだ20年に満たない。
(大規模開発が始まって8年程度)
現在の技術で採掘できるシェールガスは天然ガスの32%程度で、今後シェールガスの採掘可能量が増える余地が大きいそうですよ。
(情報元は中央日報の記事なんでどこまであれなのかわかりませんが・・・)

シェールガス掘削には、未知の部分が多くてこれからどうなるかなんて誰もわからないってことですね。

アメリカや中国は、シェールガス埋蔵量が多く、手放せない資源なので、開発が諦められるなんてことはよほどのことがない限りなさそうですね。

sponser