2014年8月に 北海道電力の2回目の値上げ申請。
北電が経産省に出した値上げ申請では、2014年10月にも平均17.03%値上げという話ですね。
オール電化はどのくらい上がるのか?
(ちなみに前回の北電 電気料金の値上げでは、ドリーム8のモデルケースで16.83%の値上げでした。)
と思いちょっと調べてみたのでまとめてみました。

標準家庭(30A契約、月260kwh使用)の場合

  • 値上げ幅14.78%、1,069円値上げされ、1カ月の料金は8,302円。

「ドリーム8」のモデルケース(8kVA契約、月平均1916kwh使用)の場合

  • 値上げ幅28.55%、平均7,878円値上げ、35,466円。
  • 年間94,536円も負担増。

前回2013年9月からの値上げでは年間45,180円の値上げでしたので、2013年8月までの電気料金と比べると、139,716円の値上げとなります。
大きな負担になりますね。

2013年9月からの電気料金値上げ前に比べると、6割も電気料金が上がることになるんです。

北海道のオール電化世帯数(北海道電力2014/8/20資料より)

北海道オール電化住宅は約20.7万戸。
北海道の全世帯数(約272万世帯「出典:住民基本台帳」)
なので、オール電化の割合は約8%になります。
(http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/kokyoryokin/doc/140820_shiryou1_2_1.pdf)
8%の世帯が年間9万円以上も光熱費が増えてしまったら、個人消費にも大きな影響がありそうです。

この値上げオール電化に厳しすぎませんか?

前回はオール電化のモデルケースは22.02%の値上げ申請が16.83%の値上げとなりましたので、北電の値上げ申請通りにはならないのかもしれませんが、当然、そうなることを見越しての値上げ申請。
多少、値上げ幅が申請よりも小さくなったとしても、大きな負担には変わりありません。

我が家では2012年の電気料金に比べて2013年は節電に努め、なんとか2012年比8%程度アップの電気料金で済みましたが。。。
数万円も値上がりしてしまう電気暖房費に比べたら安く済むように、今年は、ポータブル石油ストーブに活躍してもらおうと思います。
将来的には、薪ストーブの導入も視野に入れて始めるのも良いかもしれませんね。

ついでに、事務所などの電気料金値上げ分についても記載しておきます。

北電が申請した企業向け電気料金の値上げは約22.61%。

事務所・スーパーなど(業務用 高圧受電)
(60kW契約 月11,000kwh使用)

  • 値上げ幅 16.62%、値上げ幅は4万円以上。
  • 値上げ前 約26万円 → 値上げ後 約31万円

(750kW契約 月142,000kwh使用)

  • 値上げ幅 16.81%、値上げ幅は56万円以上。
  • 値上げ前 約334万円 → 値上げ後 約391万円

大規模工場など(産業用 高圧受電)
(100kW契約 月23,000kwh使用)

  • 値上げ幅 18.84%、値上げ幅は約9万円。
  • 値上げ前 約48万円 → 値上げ後 約57万円

(1,200kW契約 月325,000kwh使用)

  • 値上げ幅 19.90%、値上げ幅は約129万円。
  • 値上げ前 約647万円 → 値上げ後 約775万円

北電の電気料金値上げの説明会では、原発ありきの計画ではなく、原発がない場合の中長期計画も詳しく話してほしいものです。(政府が原発再稼働をすすめている中で、そんな計画はないのでしょうが・・・)

これでは、賃金上昇どころか、北海道だけ実質賃金低下がダントツなんてことになるんじゃないでしょうか。

sponser