日本において、バイオエタノール燃料の導入を進める場合、政府が3つの基準を示しています。

バイオエタノールは、再生可能な自然エネルギーであること、および、その燃焼によって大気中の二酸化炭素(CO2)量を増やさない点から、エネルギー源としての将来性が期待されている。他方、生産過程全体を通してみた場合のCO2削減効果、エネルギー生産手段としての効率性、食料との競合、といった問題点も指摘されている。

日本でのバイオエタノール燃料導入の3つの基準

  1. バイオ燃料の原材料を調達する段階から実際に消費する段階まで温室効果ガス排出量を、化石燃料を使用する場合と比べ、50%以上消費すること。
  2. 食糧と競合しないように、国が総合的に評価を行い、事業者は必要な情報を提供すること。
  3. 生物多様性を損なわないように、生産国の国内法を尊守を前提とすること。

sponser