アメリカ スリーマイル島原発事故は1979年に起こりました。
冷却水の給水ポンプの故障を発端に人為的なミスも加わって、冷却水がなくなり炉心溶融。
事故から2日後、非常事態宣言がされ、10万人を超える住民の避難しました。

レベル5「外部への危険を伴う」
放射性物質の検出は微量で人体への影響はない。
とされています。

32年経った現在、スリーマイル島の原子力発電所は、事故のあった2号機は運転がストップしています。
1号機は現在も稼働し、80万世帯へ電力を供給し続けています。

近くのキャベツやリンゴなどを栽培している農家では、事故後の検査でも農作物に異常はなく出荷制限がかけられませんでした。
はじめは消費者の不安感で売れなかったが、1ヵ月後には元に戻り始めたそうです。

また、
たんぽぽが異常に多くの花をつけたり、色が左右半分づつ違う花など、原発事故以降、今でも発見されているそうです。
(ただ、原発事故との因果関係はかわかっていない。)

スリーマイル島の原発をかかえるミドルタウン市の市長は、事故当時から変わっていない。
市長は、原発事故後、対策室をつくり、
・2年に1度 非難経路の地図を配布する。
・原発近隣の住民には、無料で放射線対策用の飲み薬「ヨード剤」を配布。
などを行っている。
また、万が一に備えて、放射線への対策を各家庭でとるように促している。

「原発事故以降、些細な変化でも電力会社から報告してくるようになった。住民と電力会社の信頼感が必要だ。」
と言います。

日本の電力会社も、住民との信頼感ができるような対策をしてくれればうれしいですね。
東電に関しては、日本人だけでなく、アメリカからも信頼されていないようですし、信頼を勝ち取れるような努力をしてほしいですね。

sponser