イギリスのリッチバラ火力発電所が老朽化のため、2012年3月11日爆弾で解体されました。
1950年代に建設され、1996年まで360MW規模で運転していた火力発電所。

97mの冷却塔3つと127mの煙突がわずか20秒ほどで解体されています。

【動画】火力発電所の解体

【動画】爆弾を設置した解体業者さんの作業の様子

リッチバラ火力発電所の跡地には、再生可能エネルギーの発電所が建設される予定。

sponser