資源エネルギー省によると、夏のピーク時の家庭全体の電力にエアコンが占める電力割合は53%にもなります。

エアコンの室外機への節電対策が注目されているようです。
室外機は熱を持つと空調機能が低下し消費電力が増加してしまいます。
そこで、

  1. 遮熱塗料と室外機に塗る。
  2. 室外機へ打ち水。
  3. 室外機への直射日光を日よけなどで遮る。

で、かなり消費電力を抑えることができます。

テレビの実験では、遮熱塗料を塗ることで、表面温度は23度から18度に低下させることができたそうです。

環境エネルギー総合研究所では、昨年220世帯で7~9月に室外機への直射日光を遮ることで、どれくらいの効果があるのか、試した結果。
電気料金が平均1500円/月も安くなり、最大で電力使用量が4割減少したとのことです。
木の板を室外機の上に置くだけでも、それなりに効果があるそうです。

室外機への打ち水は、コンビニで実施しているところもあります。
具体的な数字は明かされていませんが、目に見えるくらい電力使用量が減ったそうです。

簡単にできることたくさんありますね。
無理なく節約&節電&エコでこの夏を乗り切りましょ~!

sponser