発電所開発キットなるものが販売されています。
価格は315万円(税抜)

DIYや日曜大工の感覚で自分で太陽光発電所を設置するキット。

ソーラー発電所キットの内容は

  1. 単結晶ソーラーパネル 250W ×48枚 合計12kW 一式
  2. 三相3線200V10kWパワーコンディショナー 一台
  3. ソーラーパネル12kW設置用組み立てアルミ架台 一式
  4. Looopオリジナルソーラー発電盤(分電盤)
  5. ケーブルなど必要電材一式
  6. 東京海上日動 保険1年分込

販売しているLooop社は
「売電による収入は年間平均50万円~60万円ほど見込める。(1kW=42円)
7年程度で初期投資を回収できる。」
(Looop 売電収入について)
としている。

設置可能な土地面積は約100m2と一般人にはハードルが高い。

しかし、売れ行きは好調で、6月中旬時点で50セット以上の注文が入っているという。

追記:
小規模発電所のキット(パック)は2012年7月にソーラーフロンティアからも発売されました。

sponser