イギリス石油大手BP社によると
2011年の世界エネルギー消費量は、原油換算で123億トン。
最も古いデータの1965年に比べて3.3倍に達した。

世界エネルギー消費量 資源別割合

  • 石油:33.1%
  • 石炭:30.3%
  • 天然ガス:23.7%
  • 水力:6.4%
  • 原子力:4.9%
  • 再生可能エネルギー:1.6%

となり、化石燃料が87.1%を占めている。

また、2011年の世界再生エネルギー利用料は、原油換算値で約2億トン。
資源全体の1.6%。(前年比18%増)
国別では

  1. アメリカ:4500万トン
  2. ドイツ:2300万トン
  3. 中国:1800万トン

アメリカは、バイオ燃料の生産が大きく寄与している。

日本の世界再生エネルギー利用料は。原油換算値で740万トン。
日本は、2012年から再生エネルギー固定買取制度が導入され、太陽光や風力など発電所の建設ラッシュを迎えているため、今後増加していくと見られる。

国際エネルギー機関(IEA)によると、2035年時点で世界のエネルギー消費量は原油換算値で172億トンに増加すると見込んでいる。

ちなみに、2001年の世界エネルギー消費量は、世界全体で原油換算約91億トン。

sponser