海水などの塩水でLEDが点灯するグリーンハウスのLEDランタン。

塩と水で発電するLEDランタン

本体にはマイナス電極棒(金属Mg)とプラス電極棒(炭素棒C)がセットされていて、塩水を入れるとMgのイオンが溶け出して、電流ができ、LEDが点灯するというもの。

led10 発電の仕組み

水350ccに塩16gがあればOK。
海水でもOK。
8時間以内に塩水を抜けば何度でも使用可能。

USB付きで、スマホなどのケータイ電話の充電もできる。
非常用にあると良いかも!

価格は公式サイトで3980円。
LEDを10灯搭載した水と塩で発電するLEDランタン

金属棒は、最長120時間で交換が必要なようで、別売り金属棒は980円。
(詰め替え用)LEDを10灯搭載した水と塩で発電するLEDランタン

金属棒の値段を見ると、電池を常備している方が良いのかも。
なんて気もしないでもないですが。

こんなものもあるんだ!
ということでご紹介でした。

sponser