中国国家海洋局は、「中国が管轄下に置いている海域」の2012年の環境状況について、河川を通じて海に流入した汚染物質の総量が1705万トンだったと発表。
(3/20発表)

河口付近や大都市周辺の海域の汚染が特に深刻。
有害物質の種類は、無機窒素やリン酸、石油など。
水質が悪化していいる近海の面積は17万平方キロ、
2007年~2011年の平均より2万平方キロ拡がった。
また、赤潮は73回発生し、影響した海洋面積は7971平方キロ。

観測地点は8400箇所あまり。
中国が領有権を主張している東シナ海や南シナ海が含まれているかは不明。

生活用水は大丈夫なんでしょうかね??
過去のことを考えると、日本も中国のこと言えない気もしますが・・・
大気中のPM2.5や黄砂、海にも汚染物質というのは、近隣諸国としては困ってしまいますね。

sponser