アメリカでは原油の生産が拡大していて、ほぼ20年ぶりの高い水準を記録。
アメリカの原油生産は日量700万バレルを超えていて増産傾向は今後も続くと予想されている。
エネルギー省の短期予測に基づくと

アメリカ原油の平均生産量予測

  • 2013年:日量 730万バレル、
  • 2014年:日量 790万バレル

に達すると見込まれている。

この理由はシェールガスのように地中の岩盤層などから発掘されるタイトオイルの生産が増えているため。
新たな採掘手法(水圧破砕法[フラッキング])が開発され、石油ブームに沸いているとのこと。
最も原油の生産量が多いのはテキサス州。
1日200万バレルに迫る勢いだそうです。
次いでノースダコタ州、アラスカ州。

追記 2013年6月14日

イギリスBP『BP Statistical Review of World Energy』と題された調査レポートによると
アメリカの2012年の原油生産量は日量890万バレルとされています。
前年比14%増とのこと。
これは過去最大の伸び率だそうです。

sponser