ブルーチャレンジ 岩手県宮古市

岩手県宮古市のバイオマス施設「ブルータワー」とは
間伐材などの木質チップ(木質バイオマス)を利用し、電気、熱、水素を作り出す。
商業用としては世界初。
木質チップを無酸素状態で1200度の高温で熱すると水素を多く含んだバイオガスを発生させることができる。
バイオガスは、ガス分離を経て99.99%の高純度水素ガスとして利用することができる。
施設は、津波で被害を受けた場所を使用する。

また、ブルータワーでは、

  • 発電した電気は、電力会社や企業へ売電
  • 熱は、農業で利用
  • 水素は、車や住宅用燃料電池へ供給

事業費は約30億円
半分はプロジェクトに参加しているトヨタなど民間企業12社が負担し、残り半分は国などの補助金が使えないか模索している。

ジャパンブルーエナジーの堂脇社長は、ブルータワーの技術について日経新聞のインタビューでこう答えている。
――どのような技術なのですか。

「カギとなるのはアルミナセラミックスの小さな球体(直径約1センチ)だ。これを加熱して木質チップなどバイオマス原料の中に落とし接触させる。バイオマスは熱分解しメタンなどのガスが発生する。このガスを高温のアルミナボール、水蒸気に接触させて改質、水素をつくり出す」
「アルミナのボールがプラント内で熱を運ぶ媒体(ヒートキャリアー)として働き、同時に木材などから出るやっかいなタール分を吸い取り、装置の中に残留しないようにする。アルミナボールは反応過程で生ずる副生ガスの燃焼で加熱するためシステム全体の熱効率が高い。熱分解器など心臓部は常圧でよく、原理的には非常に簡単な仕組みだといえる」
木くずから水素 新技術、燃料電池車に活用 ジャパンブルーエナジーの堂脇社長に聞くより)

ブルータワー施設概要

 施設総面積 ブルータワー敷地1ha 
 事業主体  民間企業によるSPC設立
 使用原料  木質バイオマス等(日量70トン)
 水素製造量  40立方メートル/毎時(予定)
 発電出力  3,000kW(予定)
 熱利用可能量  重油換算で、115万リットル/年 (3,500リットル/日)

稼働時期は、2014年秋を予定している。
順調に進んでほしいですね。

sponser