NY市

アメリカ ニューヨーク市でゴミ削減のため、レジ袋法案が市議会に提出されました。
ニューヨーク市では年間52億枚もビニール袋がゴミとして捨てられていて、課金を通じて、ゴミ処理費用の6割削減を目指すしているそうです。
課金は、レジ袋1枚約10セント。
この10セントは、市へ支払われるのではなく、店側の収益となるようです。
レジ袋は、ビニールでも紙でも課金対象。

ちなみに、レストランは対象外となっています。

日本では、大手スーパーなどがレジ袋削減のため、有料化をすすめていますね。
東京都杉並区と日野市では、条例で有料化が定められています。

sponser