日本の森林の成長量と伐採量はどうなっているのかふと気になり調べてみました。

以下のグラフは平成19年までのデータしかありません。

森林資源 蓄積量 推移
http://www.jora.jp/chiikizai/pdf/20130221siryou1-1.pdf より

もっと最近データはないかと探してみたところ、こんな対談がありました。
集成材大手の銘建工業株式会社と真庭バイオマス発電の代表取締役 中島浩一郎さんの話では、
日本の森林は年間1億7000m3育っているが、伐採している量は年間3500m3程度。
だそうです。

http://www.nice.co.jp/nbr/2012-12-01_2004/02.html

最近また増えているということなのかな。

ちなみに
真庭バイオマス発電は、出力は木質バイオマスで国内最大の1万キロワット。(2015年4月稼働予定)
年330日・24時間稼働し、年間出力7万9千メガワット時(メガは100万)。年21億円の売電収入を見込む。
燃料は真庭市を中心とした地域から間伐材などの未利用材を年9万トン、製材所から出る端材など一般木材を5万8千トン集める。
真庭市の電力の多くを賄おうと市などと団体をつくって運営していくそうです。

sponser