leaf nissan

日産ゼロ・エミッションファンドというものがある。
これは、電気自動車『リーフ』の走行距離から本来ガソリン車で走ったら出したであろうCo2排出量を算出して国内クレジット制度(J-クレジット制度)を通じて売却するというもの。
算出されたクレジットは、『一般社団法人 低炭素投資促進機構』に売却した。

日産ゼロ・エミッションファンドの実績

  • 対象期間:2012年6月11日~2013年3月31日
  • 対象台数:4,578台
  • 走行距離:23,878,226km(地球597周分)
  • クレジット量:1,710t
  • 売却益:265万6000円

売却益の使用用途:
山梨県丹波山村、山梨県小菅村、山梨県道志村より選定した森林、約16,000平方メートル(テニスコート60面分*)の保全
*テニスコート1面を約260平方メートル(23.77メートル×10.97メートル)で計算
ゼロ・エミッションファンド立ち上げ運営維持費
EVの充電器の設置

リーフの年間走行距離は、車載の通信ユニットから、日産カーウィングスデータセンターに自動的に集約される。
送られてきた総走行距離から、国内クレジット制度の指定する算出基準に沿って削減CO2量を算出。

日産ゼロエミッションファンド知りませんでした!!
素敵な取り組みですね!
走行距離ってどうやって把握してるのかと思ったら、通信してるんですね!
iPhoneからリーフのエアコンON/OFFできたりするんですもんね!
できますよね~!!!
リーフ欲しくなります!(日産の戦略にはまりそうです!!)

ひとつ疑問が・・・
これってリーフを走らせれば走らせるほどCo2削減クレジットが増えて売却益も増えたりするんですかね?
Co2削減クレジットのために走らせるなんてことが可能??
それなら本末転倒だな~と思ったり・・・。

sponser