中国 PM2.5汚染対策として石炭液化を支援した結果→砂漠化

※石炭液化とは、石炭を適当な方法で分解し油状にすること。

動画の抜粋

中国最大の石炭会社「神華集団」はオルドス市で石炭液化技術を世界初の商業レベルでの実用化に成功。
大気汚染対策として、中国政府は石炭液化技術を支援している。
オルドス市は、中国トップクラスの石炭産地で神華集団は石炭液化した燃料を年100万トン販売している。
石炭液化された燃料は、石炭に比べ硫黄などの不純物が少なく、PM2.5などの発生物も少ない。
神華集団はオルドス市で石炭液化プラントを拡大し年500トン生産するとしている。
しかし、1トンの石炭液化燃料を作り出すのに必要なものは、

  • 石炭4トン
  • 真水10トン

が必要だと言われている。

神華集団は、石炭鉱山の近くの水脈では足りたいため100キロ離れた地下水が豊富な地域に大量のポンプ施設を設置し、工場まで水を運んでいる。
水源のチャーハンミャオ村では、砂漠化が進み、家畜の餌になる牧草に困るほどになっているという。
反発が強くなっていることから、チャーハンミャオ村での取水を段階的に停止すし、別の水源を開発するという。

PM2.5は抑えられるとしても、砂漠化が進むという意味のわからないことになっちゃっているようですね。
石炭4トンと真水10トンから作れる燃料が1トンっていうのは、かなり無駄が多いような気がするのですが、こんなものなんでしょうかね?

sponser