地球の気温は、太陽から入ってくる熱と、宇宙へ出て行く熱のバランスで決まります。
太陽から地球に入ってくる熱は、アルベド(反射率)によります。
太陽からの熱をどれくらい反射しどれくらい吸収するかが決まります。

地球全体としてどのくらい反射しているかというと、

地球全体の平均アルベド:およそ0.3
(季節による変動や地形・大気の状態などによる差を考慮した平均値)

太陽の熱の30%が反射され、70%がいったん地表と大気に吸収されます。
吸収された熱が地球の温度を決めます。
(吸収されたエネルギーも長い時間をかけて赤外線として再び宇宙に放射されます。)

地球全体のアルベドは、平均して0.3ですが、黒は熱を吸収しますし、白は反射しますので場所によって違います。
それぞれのアルベドを簡単に一覧にしてみました。

アルベド(反射率)

  • 水:0.1
  • 森林:0.1~0.2
  • アスファルト:0.15
  • 住宅地:0.2
  • 砂漠:0.25
  • アスファルト:0.45
  • 氷:0.45~0.65
  • 白い雲:0.7
  • 新雪:0.8~0.9

(色々な書籍やWEBサイトを参考。)

※勉強しながら書いている記事なので、誤りがあるかもです。

sponser