ブラジルのセラードでのこと。

セラード

セラード


セラードとは、ブラジルの中央部に広がる熱帯サバンナ(草原)地帯のことを指します。面積は2億ヘクタールを越え、ブラジルの国土の5分の1になります。

タテガミオオカミは絶滅危惧種でレッドブックにも掲載されている動物です。

タテガミオオカミ

タテガミオオカミ

タテガミオオカミはロベイラというトマトのような実が大好物です。
ロベイラの実は独特の苦みを持っていてセラードでは、タテガミオオカミしか食べません。
ロベイラの実には腎虫(ジンチュウ)という寄生虫(線虫)を駆除する力があります。
この虫は成長すると幅1cm、長さ1mにもなり、徐々に腎臓を破壊し宿主を殺すことで知られています。
タテガミオオカミは排泄をアリ塚のような地面よりも高い場所する習性があります。

ハキリアリは、地下の巣の中にキノコを栽培する特殊なアリです。

ハキリアリ

ハキリアリ

巣の奥のキノコ畑では、葉、花、枯枝などを利用し、働きアリが特殊なキノコ菌を植えつけ、キノコを栽培し食糧にします。

ハキリアリの巣の上にころがったタテガミオオカミのフンにはロベイラの種が含まれています。
ハキリアリはその種をキノコの養分に利用するため巣に運びます。
巣の中で生き残ったロベイラの種は、ハキリアリの巣の上にロベイラの実を実らせます。

また、ロベイラの実を食べに来たタテガミオオカミがフンをして、ハキリアリが巣に持ち込み・・・

という循環が起こっています。

とても密接な関係ですね。

現在、セラードは農業が盛んに行われるようになり、人間の食糧を生産しています。
セラード地域で10億人分の食糧をまかなうことができるそうです。
しかし、一方でセラードの開発がすすみ動物たちの生息場所が奪われているという現実もあります。
現在、手付かずで残っているセラード地域は、原生のセラードの20%余にまで減り、アマゾンの熱帯林をはるかに上回る速度で破壊が進んでいます。

sponser