20世紀は浪費社会であったことを示す「戦略10訓」
1960年代高度成長期の始まりに電通PRセンターがつくったもの。

戦略10訓

  1. もっと使わせる
  2. 捨てさせる
  3. 無駄遣いさせる
  4. 季節を忘れさせる
  5. 贈り物をさせる
  6. 組み合わせて買わせる
  7. 機会を投じる
  8. 流行遅れにさせる
  9. 気安く買わせる
  10. 混乱を作り出す

大量生産、大量消費、大量廃棄の時代です。
これは日本の経済成長を支えました。
なんの仕事をしていても、戦略10訓は未だに意識されますよね。
現在では、環境が意識され、大量生産、大量消費、大量廃棄は少なくなってきてはいるものの風潮は残っています。

最近ではテレビ。
「エコポイント」や「地デジ」などで、大量生産されたテレビが家庭に届き、地デジ非対応のテレビがリサイクル工場に回されています。
消費電力などを考えると、最新のテレビの方が優位ですが、テレビの生産などに使ったエネルギーの元をとるには時間がかかります。

sponser