日本経済成長の陰には、激しい環境破壊の存在がありました。
利潤を追求した結果、1950年~1960年代にかけ、水俣病やイタイイタイ病、四日市ぜんそくなどの公害病が発生しました。

水俣病は工場からの排水に含まれていたメチル水銀による中毒です。
水俣湾近辺の魚がメチル水銀を多く体内に蓄えていました。
その魚を食べたことで水俣病になってしまうというものです。
メチル水銀は体内や脳細胞に入り込んで細胞を破壊し健康被害をもたらします。
妊婦には、1日25マイクログラムが閾値とされています。
昭和31年のこの水俣病が発生した周辺の水質は、毎日大きめの魚を1、2匹食べただけで超える量です。

日本の4台公害

公害病 発生地 時期 原因 症状
水俣病 熊本県水俣湾沿岸 1953年 新日本窒素肥料から排出された有機水銀(メチル水銀) 手足のしびれ、感覚障害、言語障害、歩行障害など
イタイイタイ病 富山県神通川流域 1955年頃 三井金属鉱業神岡事業所から排出されたカドミニウム 骨の委縮、歪みによる激痛、骨がもろくなり骨折など
四日市ぜんそく 三重県四日市市 1960年頃 石油化学コンビナートから排出された硫黄酸化物(二酸化硫黄) 気管支炎、ぜんそく
第二水俣病(新潟水俣病) 新潟県阿賀野川流域 1964年頃 昭和電工の工場から排出された有機水銀(メチル水銀) 手足のしびれ、感覚障害、言語障害、歩行障害など

水俣市の環境への取り組み

sponser