東京電力は電力の供給が不足しているとして計画停電を実施する。

需要想定 4100万kW
供給量 3100万kW

需要に対して、供給が1000万kW足りない。
東京電力は、不足分の1000万kWを火力発電所で確保するとしている。

被害の大きくなく復旧は難しくない千葉県と東京都の火力発電で400万kWまかなう。
茨城県の常陸那珂発電所と福島県の広野発電所は津波により設備が破損しているため復旧には時間がかかる。
新潟県の柏崎刈羽発電所はあまり大きな被害がなく早いうちに復旧できる見通し。

火力発電で電気をまかなうのは必要ですが、短期的にはいつもよりも多く化石燃料を大量に使ってしまうことになります。
火力発電は、原子力発電、地熱発電、水力発電、風力発電、太陽光発電などに比べると、二酸化炭素(Co2)、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)を排出し、大気汚染の原因になっています。

1kWh当たり火力発電による二酸化炭素(Co2)の排出量

  • 石炭火力:0.887kg
  • 石油火力:0.704kg
  • LNGコンバインド:0.407kg
    (蒸気[汽力]発電とガスタービン発電を複合)
  • LNG火力:0.478kg

ちなみに、1kWh当たりの他の発電による二酸化炭素の排出量は、水力発電が0.011、原子力が0.022kg。
(環境goo参照)

発電所データ
茨城県の常陸那珂発電所(最大出力100万kW)
福島県の広野発電所(最大出力380万kW)
新潟県の柏崎刈羽発電所(最大出力821万2000kW)

sponser