炭素と並んで物質循環の重要な元素に窒素(N)があります、
窒素の分子(N2)は、大気中の約8割を占めるほど膨大です。

窒素は植物、動物に関係なく、どんな生物にも含まれています。
生物はタンパク質からなり、タンパク質には必ず窒素が含まれているからです。

大気中の窒素をそのまま利用できるのは、酵母などの細菌と、藻類など、少数の窒素固定菌と呼ばれる生物に限られています。

窒素の循環

窒素固定菌は、気体の窒素(N2)を取り入れ、多くの生物が利用できるアンモニウムイオン(NH4+)などの窒素化合物に変えます。
この作用は窒素の固定と呼ばれます。
窒素化合物は植物に吸収されます。

また、デトライタスは菌類によって無機化されて、一部は再び植物に吸収されますが、残りは地中でアンモニアに分解され、アンモニアは硝化菌という細菌によって硝酸イオン(NO3-)に変わります。
その後、脱窒菌(だっちつきん)と呼ばれる細菌に気体の窒素ガスに変えられます。
この過程を脱窒作用と呼びます。

このように、窒素は再び大気中に戻っていきます。

sponser