遺伝子組み換えとは、遺伝子そのものを直接操作することによって、本来持たない新しい機能や形質を付与した生物を作る技術。
もっと具体的にいうと、
1つの生命体から取り出した遺伝子を種の壁を越え、他の生物に組み込む技術。
たとえば、バクテリアやウィルスなどの細菌、植物、動物から取り出した遺伝子を、大豆、トウモロコシ、米などの遺伝子に組み込むことで、特定の害虫や除草剤に対して強い作物を人工的に作り出すことができます。
効率的に作物をつくるには効果的な技術です。
地球全体の人口が増え続ける中で、作物を効率的につくることは大きな課題です。

しかし、遺伝子が組み換えられた生物は、今まで地球上に存在していない生命です。
これが自然界に放たれると、植物や動物、微生物によって長い間にわたって行われてきた『共同作業』に支障をきたすおそれがあります。
食物連鎖「生食連鎖」と「腐食連鎖」などが、うまく行われなければ自然界の物質循環は破壊されていき、いずれ崩壊してしまう可能性が指摘されています。

自然界の順応が早いか、崩壊が早いのか。
なんらかの結果が出てからわかることだけに、ちょっと恐ろしい話ですよね。

sponser