2011年5月に起こった、あまり日本で報道されていないアイスランドの火山噴火。
前回は、2010年4月と5月にアイスランドで火山が噴火し、火山灰の影響で欧州の空港が閉鎖など様々に影響が及んだ。

今回の噴火は、2010年の噴火よりも規模が大きく、空港の閉鎖が次々とされている。
欧州の空港では、噴火の影響で500便が欠航している。

アイスランド火山噴火 動画1

アイスランド火山噴火 動画2
道路の状況など。

ただ、終息に向かっている兆候もあるようです。
5月25日(日本時間午前)までに、火山灰が上空からほぼ消えたという。
ただ、アイスランド気象庁は、「火山活動が終息したと宣言するのはまだ早く、さらなる情報収集を現地で行う」
ということです。

自然の脅威には、人間は立ち向かうことができませんね。
ただの主観ですが、年々、自然災害の規模が大きくなっている気がします。

sponser