ブラウン管には、有害な重金属が含まれるため、処理は非常に厄介だとされています。
ブラウン管のリサイクル技術で、日本唯一の技術をもつ会社がホンジョー

ブラウン管は有害な鉛を含むファンネル(鉛25%含有)と言われる部分があります。

ファンネルの処理

ファンネルの処理には、まずガラスの膨張率を利用するため温水と冷水を交互にかけ分離する。
ガラスとファンネルを分離させたあと、ファンネルの表面にコーティングされた鉛を洗い流す。
キレイに洗ったファンネルは新しいブラウン管の原材料として海外に輸出される。

残った鉛は特殊な薬品に吸着させて無害化させる。

株式会社ホンジョーでは、1日4000~5000本、年間100万本のブラウン管を処理しているそうです。

sponser