世界で初めて地球温暖化を指摘した人は、
スウェーデンの科学者スヴァンテ・アレニウスが、1896年に論文で
「大気中の二酸化炭素の量の変化が温室効果によって地表の温度に影響を与える。」
と指摘し
「二酸化炭素濃度が2倍になると、気温は5~6度上がる可能性がある。」
逆に、
「二酸化炭素濃度が半減すれば、気温は4~5度下がる。」
と発表しました。

ただ、このころ地球温暖化は好ましいものとして考えられていました。

100年以上前に言われた地球温暖化。

人間の活動によって多く排出してしまう二酸化炭素。

1900年には20億人だった世界人口は、2002年には62億人に達し、2011年の後半には70億人に到達する。
人口増加のスピードは鈍化しているものの2050年には90億人に達する可能性もある。
これから地球はどう変化していってしまうのでしょうか。

sponser