私達は、それぞれの自治体によって違いはありますが、缶は缶のゴミの日があって、アルミ缶、スチール缶などを出しますね。

アルミ缶とスチール缶はどのようにしてリサイクルされているのでしょうか?
あるゴミ処理工場では、
アルミ缶とスチール缶をまず高温で燃やして、表面の塗装と飲み残しの水分を飛ばしてしまいます。
その後、磁石を使ってアルミとスチールに分別し、粉砕します。
粉砕され素材(ペレット)となったアルミとスチールは、また缶などの製品に生まれ変わります。

リサイクルにもエネルギーを多く使いますし、面倒だったりしますが、資源を掘り起こし、素材にして製品にするよりも無駄なエネルギーを使わずに済みますね。
それに、リサイクルされることで、ゴミも減ります。

sponser