写真素材 PIXTA

インドの首都デリーではレジ袋を持っているだけで10万ルピー(約19万円)の罰金が科せられます。
捨てられたビニール袋で排水溝が詰まったり、袋の中に溜まった水からマラリアやデング熱といった蚊が媒介する病気の原因になってしまったため。
そのため、客・店・ホテル・病院を問わず、レジ袋の使用・所持・保管は全て禁止!となりました。
この法律は、旅行者にも適用されます。
急激な経済成長のインドは、二酸化炭素排出量が、アメリカ、中国、ロシア、日本に次いで世界第5位となっています。
ここまで極端なことをした方が良いのかもしれませんね。

他の国でも、ルワンダ、ブータン、バングラデシュは、ビニール袋を違法としています。

sponser