原発災害で、人が入れないような場所での作業を遠隔操作ロボットにさせるという試みが、日本では10年前に既に開発されていました。
写真は、原発災害ロボット日立製作所「スワン」です。

原発災害ロボット「スワン」

原発災害ロボット「スワン」

日立製作所、三菱重工業、東芝など4社は2001年に遠隔操作ロボットを国の予算30億円で開発・製造され、計6台が製造されました。
しかし、東京電力を中心にした電力会社などが「活用場面はほとんどない」(人が入れないような事故は原発では起きない)と判断したために実用化されませんでした。
それどころか、不要とされた6台は2006年3月、廃棄処分となりました。
現在、1台だけが仙台市科学館で展示されています。

結局、アメリカの遠隔操作ロボットが投入されることになりました。
その後、文部科学省所管の財団法人が2億円で開発した、放射線量を測るロボット2台が利用されることになりしたが、がれきが邪魔となり使用できない状況になってしまいました。

当時から対策をしっかりと進めていけば、今頃遠隔操作ロボットの精度は上がり今回の原発事故でもしっかり活用できていたかもしれません。

無駄になった遠隔操作ロボット「スワン」の税金30億円。
今回投入された放射線を測るロボット税金2億円。

東京電力はどれほどのプライドがあるのでしょうか。
が、国にも活用されるか確定していないものを6台も製造したことにも憤りを感じませんか?

sponser