WBSで放送されていた
『火力・水力・原子力の電力コスト比較』
経済産業省の試算(1kwh)
水力:11.9円
火力(石油):10.7円
原子力:5.3円
としています。

この数字には、致命的に抜けているものがあるそうです。

立命館大の大島堅一教授が独自に試算したところ
水力:7.26円
火力(石油):9.9円
原子力:12.23円

大島教授は、情報公開法を使い公開してもらった情報は、ほとんどが黒塗りだったため、独自に原子力発電のコストを有価証券報告書や国の予算で割り出した結果、原子力発電がもっとも高くなった。

「原子力発電が一番安いと言っているのは日本くらい」と言います。
経済産業省の試算には、含まれていない料金があり

  1. 揚水発電が入っていない。
  2. 自治体に交付する補助金や技術開発費が含まれていない。(約4000億円)
  3. 使用済み核燃料の廃棄料金が含まれていない。
    これは、日本全体で青森県六ヶ所村で再利用される分19兆円分(日本で出される使用済み核燃料の半分)は含まれているが、他の半分は含まれていないといいます。

この3番の使用済み核燃料の分は、大島教授の試算にも含まれていないため、さらに原子力発電のコストは上がる可能性もある。

本当は高コストな発電かもしれない原子力発電。
発電コストに関しては、国が発表している数字は、かなり都合良くいじられていると考えた方が良いのかもしれない。
国の試算だけを信用することはできませんね。

火力発電は、原油価格に左右されるので、今後これ以上になるかもしれない可能性もあるし。
いつでも安定して輸入できる保証はない。
また、環境への負荷が大きい。

水力発電では、クリーンなエネルギーではあるが、設置できる場所が限られるため、原子力発電分をカバーすることは難しい。

当面、原子力とはうまく付き合っていかなくてはいけないと思います。
自然災害ともうまく付き合っていかなくてはいけないので、原子力発電に頼ってばかりはいられないですよね。

sponser