地球上にある水の多くは海水です。
私達人間が使える水の僅かしかありません。
地球上には
海水:約97%
淡水:約3%
人間が利用できる水:約0.01%

です。
淡水の多くは地中深くの地下水や氷河などです。
そのため、人間が簡単に利用できる淡水は僅か0.01%程度です。
この地球上の水をお風呂の浴槽いっぱいに入れた水に例えると、私達が利用できる淡水はティースプーン4杯分程度だそうです。

私達が生活に必要な水はどのくらいなのでしょうか?

1日に最低必要なのは20リットルだと言われています。
これには、飲み水、手洗い、洗濯、炊事に使う水です。
シャワー、お風呂、水洗トイレなどは含まれていません。
この1日20リットルの水を、1km以上歩かなくては手に入らない人が地球上に約9億人いるというデータもあります。

一方で、私達日本人は1人1日約300リットルもの水を使っています。
さらに、バーチャルウォーター(仮想水)も、かなり使用しています。
バーチャルウォーター(仮想水)一覧

世界中では、人口増加、都市化などで年々水の使用量が増え続けています。
また、使える水が、工場排水、農薬・除草剤などで水が汚染されたり、海面の上昇などで減っているという話もあります。
蛇口をひねれば、当たり前のように水が出る生活をしていると、実感できないことがたくさんあります。
節電も必要ですが、水資源も節約していくことも必要ですね。

sponser