日本は島国なのでありませんが、大きな大陸では、国境をまたがって流れている大きな川があります。
川の水は、周辺の人々の生活にかかせないものです。
上流で水を使い過ぎたり、汚染させてしまうと、下流で生活する人たちに大きな影響が及びます。

世界では、大きなところだけでこんなに水に関わるトラブルが起こっています。

世界の水争奪戦

メコン川
中国、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム

上流に中国がダムを作っているため、下流のタイ、ラオス、カンボジア、ベトナムへ少なくなっていると主張しています。
中国は、降水量が減っただけだと言っているようです。
最初の中国のダム建設以降、水位は低下し、捕らえられた魚は小さく、漁獲量は4分の1に減少した。
さらに、メコンイルカやマナティーを含む、多くの種が絶滅の危機にさらされている。

インダス川
インド、パキスタン

ガンジス川
インド、バングラデシュ

チグリス・ユーフラテス川
トルコ、シリア、イラク

アラル海
カザフスタン、ウズベキスタン、等

ヨルダン川
イスラエル、ヨルダン、レバノン等

ナイル川
エチオピア、エジプト、スーダン

コロラド川
アメリカ、メキシコ

セネバ川
エクアドル、ペルー

パラナ川
アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ

世界中で水争奪戦が起こっています。
その割をくっているのは、そこに住む生物たちです。
メコン川やそのほかの地域でも、多くの種の絶滅が危惧されています。

sponser