温室効果ガスとは、二酸化炭素(Co2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、代替フロン(ハイドロフルオロカーボン[HFC]、パーフルオロカーボン[PFC]、六フッ化硫黄[SF6])、水蒸気などの総称です。
温室効果ガスがなかったら?

日本の温室効果ガスは、何がどのくらい排出されているのでしょう?

二酸化炭素は、最も多く排出される温室効果ガスです。
二酸化炭素(CO2)は94.7%。
次に、メタン(CH4)が1.7%。
一酸化二窒素(N2O) 1.8%
ハイドロフルオロカーボン 1.2%
パーフルオロカーボン 0.4%
六フッ化硫黄 0.3%

二酸化炭素(CO2)の排出理由

CO2は、化学燃料(石油・石炭など)を燃やすことで排出されます。
なので、石油を原料としたペットボトルなどを燃やしてもCO2は排出されます。
他には、セメントや生石灰の製造によっても排出されます。
CO2を吸収した森林を伐採し、森林面積が減少し吸収量が減ることで、空気中のCO2が増加することになります。

メタン(CH4)の排出理由

CH4は、牛や豚などの家畜の排せつ物の処理時やゲップなどから排出されます。
他には、米を栽培する水田からも排出されます。

一酸化二窒素(N2O)の排出理由

N2Oは、牛や豚などの家畜の排せつ物の処理時に排出されます。
畑作の肥料からも排出されます。
下水の処理、工場の廃水を処理する際にも排出されます。
麻酔として使われる「笑気ガス」もN2Oです。

代替フロン(HFC)、(PFC)、(SF6)の排出理由

自然界に存在しないガスです。
HFCとPFCは、エアコンや冷蔵庫の冷媒に使われています。
SF6は、ガス変圧器、ガス遮断器、ガス絶縁開閉装置などの電力機器の絶縁媒体や消弧媒体として使われています。

こう考えると、いかに温室効果ガスのおかげで快適な生活ができているかがわかります。
何気ない行動のひとつひとつが地球温暖化を進めることになっているのかもしれませんね。

sponser