石炭ガス化複合発電(IGCC)は石炭をガス化し、コンバインドサイクル発電と組合わせることにより、従来型石炭火力に比べ更なる高効率化を目指した火力発電システム。

日立製作所の発表では、
従来の石炭火力発電よりも、二酸化炭素(Co2)の排出量が20%削減でき、
二酸化炭素(Co2)回収技術を合わせれば、二酸化炭素(Co2)排出量は90%削減できるそうです。

2016年以降に実証実験を行い、2020年以降の商業化を予定している。

三菱重工も石炭ガス化複合発電で中国で事業化への調査を始めています。

sponser