放射性物質の拡がり
Fukushima radiation headed across Pacific Ocean

2011年3月11日に発生した東北太平洋沖地震がひきおこした津波が、福島第一発電所から大量の放射性物質を太平洋に流出させた。
これらの放射性物質は、地球上に広がっている。

ウッズホール海洋研究所(WHOI) の研究者によると、地球の全海洋中に約1.9ペタベクレルの放射性物質が存在していたと計算している。
これは、福島第一原発が海洋中に放出したものとみられている。

1.9ペタベクレル=1,900,000,000,000,000,000ベクレル

今後、福島第一原発が原因で起こる環境破壊はどれほどの規模になるのか?
元に戻すことはできるのか?
また、これらの賠償はどうするのか?
東京電力がするのであれば、資金はどうするのか?
日本国内の問題だけでなく、地球規模で問題が拡大していっている。

sponser