私たち人類は、生物多様性から大きな恩恵を受け暮らしています。
たとえば、食糧はもちろん、繊維や紙、薬など直接受けている恩恵。
植物は、酸素をつくってくれ、汚れた水は、微生物によって浄化されます。
森林が土砂崩れを防いで、マングローブやサンゴは津波の影響を軽減し、自然災害を緩和してくれます。
また、森林から海へ栄養源を提供し、土砂の海流を防いでくれています。
さらに、美しい森林や海、そこに住む生物たちの姿や声は、私たちに美的な楽しみや精神的な充足を与えてくれます。
これらを人類の利益を生態系サービスと呼びます。

生態系サービスの分類

供給サービス(Provisioning services)
食品の提供(猟場・漁場など含む)
原材料(建築素材・繊維・染料・天然樹脂・接着剤・ゴム・油脂・医薬原料)
エネルギー資源(水力・バイオマス燃料)

調整サービス(Regulating Services)
気候調整(光合成による二酸化炭素吸収を含む)
洪水制御
廃棄物の分解と無毒化

文化的サービス(Cultural Services)
文化的・知的・精神的な刺激
レクリエーション・エコツーリズム・バードウォッチング
科学的発見

基盤サービス(Supporting Services)
栄養循環・土壌形成
作物の送粉と種子の拡散
水と空気の浄化
伝染病の防御

保全サービス(Preserving services)
資源利用の確保(遺伝的多様性および種多様性の維持)
災害に対する備え(傾斜地崩壊の予防など)

生態系サービスの経済的価値

国際自然保護連合(IUCN)によると、生態系サービスの経済的価値は年間33兆ドルになると試算されています。
2008年の世界のGDPは60兆ドルです。
これだけの恩恵を無償で人類にもたらしてくれています。
恩恵を受けるだけでなく、返していかなくてはいけませんね。

sponser