タグ : 異常・異変

海面上昇の原因と失われている氷床の量

氷床

2013年9月号 NATIONAL GEOGRAPHICの沈む地球 海面上昇が止まらない
という特集記事でティム・フォルジャー(Tim Folger)氏のお話をメモです。

海面上昇の原因は2つ。
熱膨張と陸上の氷が解けて海に流れ込むことが原因。

熱膨張は、水温が上昇し水自体の体積が増えること。
現在の海面上昇のおよそ1/3が熱膨張によるもの。
残りの2/3が陸上の氷が解けて海に流れ込んだもの。
これまでは山岳地帯の氷河が解けて海面上昇をしてきたが、今後の懸念材料としてはグリーンランドと南極大陸の巨大氷床が解けだすこと。

氷床の融解の仕組みは未だ解明されていないが、専門家は1992年以降グリーンランドと南極大陸を合わせて毎年200立方キロメートルあまりの氷が失われてきたとみている。
200立方キロメートルは、2000億トン。

で以下は、Natureの2014年3月17日の記事。

さらなる海水準上昇にグリーンランドが関係する可能性 参照
グリーンランド氷床のこれまで安定していた領域で、地域的な温暖化を原因とする動的薄化(融解水の流出による質量減少)が起こっていることが明らかになった。この新知見は、海水準上昇に対するグリーンランドの寄与が、これまで過小評価されており、今後の将来予測で考慮に入れる必要のあることを示唆している。この研究結果を報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

グリーンランド氷床、とりわけ南東部と北西部の氷河は、過去20年間の世界的な海水準上昇の重要な要因の1つとされていた。これに対して、北東部の氷流は、グリーンランド氷床全体の16%に相当する氷を流出させているが、海水準上昇には寄与しないと考えられていた。

今回、Shfaqat Khanたちは、1978~2012年のグリーンランド氷床全体の表面高度の測定結果を用いて、グリーンランドの沿岸付近の氷の厚さの推移を推定した。今回の研究では、北東部の氷流が、2003年頃まで安定しており、その頃、気温の上昇によって動的薄化が始まったことが明らかになった。また、氷河と海洋が接する流出口では、2002~2004年の温暖な夏に海氷が減少したために、氷山が崩壊し、海への氷流が加速し、2006年以降、グリーンランド北東部の氷流域から毎年10ギガトンの氷質量が失われていることも明らかになった。この傾向は、氷河の速度と氷量の減少が着実に増加するため、近い将来にわたって継続すると予測されている。

10ギガトンは、100億トン。

これほどの氷床がなくなっているのは知りませんでした。
実感もありませんが、これほどのことが起こっているのに、実感がない、リアルに感じないというわけにはいかないのしょうね。
僅かですが、環境の負担にならないような生活を心掛けなければいけないですね。

ルイジアナ州の陥没穴 池に木が呑み込まれ続けている。

ルイジアナ州バイユーコーンにて林が池にのみこまれていく映像。
1年半前に出現した陥没穴の池。
1年間で池の直径は300mに拡大。

8/21/13 Slough in

今後池は16万平方メートル(映像時の倍)にもなる可能性があるという。
(ルイジアナ州自然資源省 パトリック・クレージュ氏)

池からは、メタンガスがポコポコと吹き出している。

陥没穴付近では、テキサスブライン社が井戸を掘り地下1000mで産業用の塩を掘削している。
テキサスブライン社は、過失を認めていないが、避難している住民が寸ている家を最大で相場の3倍の価格で買い取っている。
一方、住民は損害賠償を求め、裁判の準備を進めているとのこと。

Meet the Town That Was Swallowed by a Sinkhole

地下では、何が起こっているのか確認できないのでどのような結論になるのでしょうか。

2014年に入っても木が池にのみ込まれている続けているようです。

TREES SINK AGAIN LA SINKHOLE JANUARY 7, 2014 Sub Cajunmiracle

Mutnovsky火山にできた洞窟がまるで別世界!

ロシアのMutnovsky火山の麓の写真のようです。
Mutnovsky火山 写真

約1キロほどの火山底部にある氷原を流れる小川によって形成された洞窟。
例年なら、人間が入れるような大きな洞窟にはならないが、降雪が少ないうえ、猛暑が重なりまるで別世界のような洞窟が作られたそうです。

Mutnovsky火山 写真

Mutnovsky火山 写真

すごく幻想的な洞窟ですね。
でも、これも異常気象なのかもしれないと思うと、素直にキレイというのも気が引ける自分もいる。

湖の氷が住宅を破壊。氷の津波

アメリカ ミネソタ州やカナダのマニトバ州 オーーカビーチやアルバータ州で、湖上の氷が強風にあおられて津波のように湖岸に押し寄せ、住宅やコテージが破壊される被害が発生した。
専門家によると、この現象は、湖上の氷の塊に強風が吹きつけて湖岸へと押し流し、岸に近い氷が次々に押し出されて発生したという。
このような現象が起きたのは1950年代以来だという。

氷は湖岸の約4キロにわたって、岸から内陸に向かって20~25メートルほどの地点にまで到達。高さが10メートル近くに達した場所もあり、ボート乗り場などが破壊されたほか、氷が中庭のガラス戸を突き破って住宅内にまで押し寄せる被害が出た民家もあった。

ICE TSUNAMI Destroys Homes In Minnesota And Canada

コンクリートもたやすく破壊したそうです。
氷と強風の掛け合わせがこんなにも恐ろしいものなのですね。

アメリカ2012年平均気温が過去最高 12.9度

アメリカ本土(アラスカ、ハワイを除く)の2012年の平均気温が過去最高だとわかった。
それも大幅な更新だったという。

「春の気温は過去最高、夏は過去2番目、秋は編年よりも暖かく、冬は過去4番目だった。」
と米国海洋大気庁(NOAA)国立気候データセンターの気候科学者ジェイク・クラウチ氏が報告した。

アメリカの2012年平均気温は摂氏12.9度。
これは
1998年の過去最高記録を0.6度上回る。
20世紀の平均気温を1.8度上回る。

通常年平均気温は0.6度の10分の1程度しか変動しない。
2012年の変動幅が飛び抜けて大きなものとなっている。
という。

アメリカ48州のうち、2012年は19州で平均気温が過去最高を記録。
ほかの州でも、26州は過去10番以内に入る記録となっており、残り3州でも平均気温を上回った。

国際研究所(IRI)の主任予報官アンソニー・バーンストン氏は
「平均気温は、地球温暖化とともに徐々に上昇を続けるというものではない。急激に下がることもあれば、急激に上がることもありうる。」
と話す。

アメリカの問題は一部にすぎず、
2013年が始まって早々に、エルサレムは吹雪、オーストラリアでは記録的な猛暑となり大規模な山火事が頻発。
日本、中国、韓国にも寒波が襲い、1月14日に東京で降った雪は8センチの積雪。
(東京の平均の年間降雪量の半分以上)
ブラジル北東部では、熱波と干ばつで10年ぶりに電力の配給制の導入を検討。
リオデジャネイロでは43度に達し史上最高気温を観測。

北極海を覆う氷の面積が、2012年の後半から、過去最小のレベルにまで縮小。

TOP