タグ : Co2

メタンハイドレート採取に成功!生産技術の確立は5年後をめどに。課題と懸念は?

日本は、将来の国産天然ガスの資源として期待されている「メタンハイドレート」について、愛知県と三重県の沖合で世界で初めて海底からのガスの採取に成功した。
今回の試験開発では、海底より数百メートルの深さの地層から天然ガスの採取に成功。
今回、試験開発されている海域だけでも、日本の天然ガス消費量の14年分の埋蔵量が見込まれている。
この採取から二週間ほどかけて安定的に採取できるかを調査するとのこと。
2018年か19年をめどに商業化に必要な生産技術も準備できる見込みだという。

日本近海での埋蔵場所

ほかの地域では、新潟県の上越沖や北海道の網走沖、日本海の秋田県から山形県にかけての沖合などで実際にメタンハイドレートが確認されている。
メタンハイドレート埋蔵の可能性が指摘されているのは、紀伊半島から四国、九州にかけての太平洋沿岸。
日本近海だけで日本の天然ガス消費量の約100年分は埋蔵されているとの指摘も。

今後、本格的にメタンハイドレート実用化が進めば、日本の輸入依存体質を変えることができる。

これからの課題

通常の天然ガスは、埋蔵している地層にパイプを通せばガスが出てくるのに対し、メタンハイドレートは、シャーベット状の固体からガスだけを取り出す必要がある。
このため、今回の試験採取については、アメリカで生産が増加しているシェールガスと比べても、コストは17倍になっているという試算も。
また、一般的なガス田に比べると、メタンハイドレートからガスを採取する効率は10分の1程度とされ、効率の悪さも課題。
ちなみに、これまで開発には588億円が投じられている。

こんな懸念も

海底から土を大量に取り除くと、メタンハイドレートが閉じ込められている堆積層に変化が生じる可能性がある。
掘削が引き金となって海底地滑りが起き、津波が発生する可能性があるとの指摘も。
また、メタンハイドレート抽出時に、誤って大気中にメタンを放出した場合、気温の上昇などの危険性もあるとのこと。

WIRED参照
メタンハイドレートへの期待と懸念:「日本の海底採取成功」は何をもたらすか
メタンハイドレートの二面性:「新エネルギー」+「温暖化を激化させる脅威」

メタンハイドレートから天然ガス採取が成功したことは国産天然ガス資源の実用化に大きく近づいた気がしますね。
危険性については、何をしても危険はつきまといますね。
これまで通り原発に頼っても危険がありますし。
今後に期待ですね!

スウェーデン ごみが足りなくてノルウェーから輸入

スウェーデンでは、ごみのリサイクルに信じられないほど成功し、困った事態に陥っているそうです。
リサイクルが成功しているのに困るなんて・・・
そっちの方が信じられませんが。

スウェーデンでは、ごみの96%がリサイクルされ、残り4%が焼却炉で燃やされ温水や発電しています。
4%のごみからは、スウェーデンの地域暖房の20%、25万世帯分の電力が供給されています。

しかし、あまりにもリサイクルが成功しすぎてしまったために、焼却するごみが足りないという事態に陥ってしまったそうです。
可燃ゴミが減り、ごみの焼却能力・発電能力が余ってしまったのです。
この事態を解決するために、スウェーデンはノルウェーなどの近隣国からごみを80万トンも輸入することにしました。

ノルウェーは、ごみを処分してもらえるし、スウェーデンは貴重なエネルギー源を手にすることが出来き、win-winの関係。

しかし、良いことばかりではないようで、
ノルウェーから輸入したごみは、スウェーデンで焼却され暖房や発電に生かされた後、灰がノルウェーに返却されることになります。
その灰には、ダイオキシンや重金属なども含まれている。
とスウェーデン環境保護庁(EPA)のシニア·アドバイザー オストランド氏は説明しています。

将来的には、リサイクルが進んでいないイタリア、ルーマニア、ブルガリア、リトアニアなどの国からごみを輸入しようと考えているそうです。
オストランド氏は、最後に
「長期的には、リサイクルした方が良いが、短期的な視点でみると、とても良い解決策だと思う。」
としています。

参考記事
Sweden imports waste from European neighbors to fuel waste-to-energy program

うーん。
ただ埋め立てられるよりも、ごみが有効活用されて化石燃料を使わない方が良いのかもしれない。
けど、わざわざごみを輸入するなんて無駄が多いような。。。
リサイクルが成功しすぎるのは良いことだけど、エネルギーが不足するというのも大変ですね。

世界銀行 グリーンボンドとは?環境保護のための投資

世界銀行はグリーンボンドという債権を発行しています。
グリーンボンドは、投資家から集めたお金を植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などに投資する金融商品です。

例えば、5年債だと8万円程度、10年債だと6万円程度から投資が可能。
5年債で利率 年2.91%
10年債で利率 年3.559%(ディスカウント債)
(今回2012年10月の発行分)

グリーンボンド 大和証券

グリーンボンド 大和証券

豪ドル建てで為替リスクが伴うものの、金利は良いし、何より自分のお金が森林保護やクリーンエネルギー事業の発展に役立てることができるっていうのが良いですね。

ただ、どれだけグリーンポンドが環境保護に貢献したか?
ということは、まだ明確に示すことが出来ていないなどの課題はあるようです。

私は今日、グリーンボンドが発行されていることに気付いて時すでに遅しでした・・・
今回の募集は大和証券で2012年10月19日までとなっています・・・

大和証券 グリーンポンド
http://www.daiwa.jp/products/bond/nfr/221024green.html

定期的に販売しているようなので、もし余裕資金があれば次購入してみたいと思います。

世界銀行グリーンボンドとは? | 投信資料館
2009年から発行分がまとめられています。
http://www.toushin.com/tabid/1377/Default.aspx

昨年は早稲田大学が1,000万豪ドル分のグリーンボンドを購入しているようです。
世界銀行発行の債券「グリーンボンド」を購入しました | 早稲田大学
http://www.waseda.jp/jp/news11/111108_wbgb.html

CCS(Crabon dioxide Capture and Storage)とは

CCS(Crabon dioxide Capture and Storage)とは
Co2(二酸化炭素)を回収して貯留する技術。
発電所や工場から排出されたCo2を地中深くへ運び、貯留層と呼ばれる層に長期間封じ込めておくというもの。
貯留層は、砂岩(細かい砂粒の塊)などで出来ており、砂岩などの隙間にCo2をゆっくり染み込ませる。
貯留層に染み込こませたCo2は、貯留層の上に「遮へい層」と呼ばれる泥岩が乗っている地層構造の場所でCCSが行われるため再び地表に出てくることはないとのこと。

CCS 貯留層 遮へい層

世界では1990年代からすでにCo2を貯留事業が行われている。

世界のCCSプロジェクト

  • スライプナー(ノルウェー):Co2圧入 年間100万t
  • スノービット(ノルウェー):Co2圧入 年間70万t
  • ワイバーン(カナダ):Co2圧入 年間100万t
  • マウンテニア(アメリカ):Co2圧入 年間10万t
  • オトウェイ(オーストラリア):Co2圧入 年間6.5万t

※データ 経済産業省

日本CCS調査によると、
日本ではCCS技術を使ってCo2を1461億t貯めることが出来ると推定される。(主に東日本)
日本のCo2排出量は年間12億t程度なので、100年以上分のCo2排出量を地下に貯め込むことが出来ると推定される。
現在日本では、今後は2020年までの実用化を目指して実証実験をしている。

日本の電力需要(販売電力量)2012年1月~6月

2011年度(2011年4月~2012年3月)の電力需要(10社販売電力量)合計8,598 億kWh
2010年度の電力需要(10社販売電力量)合計9,064 億kWh
2009年度の電力需要(10社販売電力量)合計8,585 億kWh

日本の電力販売量(2012年1月~6月)

  • 1月 電力需要(10社販売電力量合計):807.7 億kWh
  • 2月 電力需要(10社販売電力量合計):791.1 億kWh
  • 3月 電力需要(10社販売電力量合計):766.2 億kWh
  • 4月 電力需要(10社販売電力量合計):700.8 億kWh
  • 5月 電力需要(10社販売電力量合計):655.0 億kWh
  • 6月 電力需要(10社販売電力量合計):640 億kWh(速報値)

(電気事業連合会のデータより)

TOP