タグ : Co2

鳩山由紀夫に反原発デモで発言する。どの口が・・・

今日は政治家の鳩山由紀夫さんについて。

2009年6月の鳩山由紀夫元首相は当時、
国連で「2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減する」と公約。
日本人も初耳なことをいきなり国際公約として発表した人です。

この温室効果ガスの削減を達成するためには原発を新設する必要があるとして
14基以上原発新設を柱としたエネルギー基本計画を閣議決定した。

そんな鳩山由紀夫さんは
2012年7月20日に反原発デモに参加し
「皆さんと思いは同じです。首相経験者として皆さんの声を官邸に伝え、政治の流れを変えたい」
と・・・。

鳩山さんには言われたくないし、思いは同じではない。
この鳩山由紀夫って人は、どの口で言うのでしょうか・・・
その前に、自分で発言したあの国際公約どうする気でしょうか。

政治から環境問題までぐちゃぐちゃにかき回す鳩山由紀夫が嫌い。

政治家ではなく、会社でもNPOでもつくってやる分には、好きなようにやってくれたらいいと思う。
お金はあるんですから・・・

2011年分だけでコレです↓↓

2011年に、現金贈与などでは、親族からの贈与を受けたお金は
鳩山由紀夫:41億9358万円
鳩山邦夫:41億6911万円
だそうです。
2011年度 国会議員の所得ランキング

この資産を太陽光発電や風力発電に投資してほしいですよ。
少しは国際公約に貢献できるかと思います。
さすがに、そのくらいの責任はとってもらいたい。

次の衆院選で鳩山さんは、さすがに落選しますよね?

ソーラーフロンティア 太陽光発電「小規模発電所パック」

ソーラーフロンティア「小規模発電所パック」

前に、Looopsという会社が「ソーラー発電所キット 12kWで315万円」で販売開始という記事を書きましたが、ソーラーフロンティアも同じような「小規模発電所パック」を発売。

ソーラーフロンティアは、狭い土地に適した非住宅向けの太陽光発電パッケージ商品「小規模発電所パック」を今月発売した。

企業や個人の小規模遊休地を活用して短期間で設置できる。
出力は最小10キロワットから、
最大で一般家庭に設置する太陽光発電システム15世帯程度に相当する50キロワットまで。
(設置容量を50キロワット以内に抑えることで低圧配電線への接続が可能)

  • 小規模発電所パック内容は
  • CIS薄膜太陽電池
  • パワーコンディショナー
  • 地面用の架台
  • 発電計測システム
  • 接続箱

となっている。

  • 遊休地は1000m2(約300坪)の広さがあれば設置可能とのこと。
  • 設置期間は、1ヶ月前後という短い期間で設置可能。
  • 設置後は、7月から導入された再生可能エネルギーの全量買い取り制度が利用可。
  • 売電価格は42円/キロワット時(税込)が適応される期間中に太陽光発電設備の準備完了が可能。
  • 制度を利用した場合、投資費用回収するまでの期間は約10年間。
  • 年間約15トンの二酸化炭素(Co2)排出量の削減が見込める。
  • 保証期間は20年間(パネルの出力保証)

価格はオープン
ソーラーフロンティアは
「一般的なオーダーメード製品よりもかなり安い」
としている。

データが出てきたら、
Looopsとソーラーフロンティアを比較してみようと思います。

こんなん欲しいけど、先立つものがありません…

グリーンランド カナック 氷河に『赤雪』発生

グリーンランド カナック 赤雪

グリーンランド カナック 赤雪

グリーンランドの北極圏で、氷河が赤く染まる「赤雪」といわれる現象が発生した。
別名「雪の赤潮」。
気温上昇によって、赤い色素を持つ微生物が大量発生したため、雪が赤く染まった。
千葉大学の竹内望准教授は
「氷点下で生息できなかった微生物が、気温上昇によって氷が溶けて大量発生したことが原因」
だという。

今回の赤雪は、北緯77度のカナックにある氷河上の比較的急な斜面に約30m四方のエリアで見つかった。
気温は4℃程度。
今回発見したのは日本の研究員(国立極地研究所)

グリーンランド カナック 赤雪

グリーンランド カナック 赤雪

赤雪は、これまでアラスカや日本の立山(富山県)などで確認されたことがある。
グリーンランドでは近年、多くみられるようになった。

「赤雪」は地球温暖化を警告する現象かもしれない。
さらに、赤い雪になると、太陽光を吸収して雪が溶けやすくなり、地球温暖化のスピードが加速する可能性がある。

世界の地熱資源量と活火山数

世界の地熱資源量と活火山数

順位 国名 地熱資源量(万kW) 活火山数
1位 アメリカ 3000 160
2位 インドネシア 2779 146
3位 日本 2347 119※
4位 フィリピン 600 47
5位 メキシコ 600 39
6位 アイスランド 580 33
7位 ニュージーランド 365 20
8位 イタリア 327 13

※北方領土含む
(2008年 産業技術総合研究所調べ)

各電力会社 火力発電所の設備利用率 震災前と震災後

各電力会社 火力発電所の設備利用率 震災前と震災後
火力発電所の設備利用率
震災前(2011年2月)・震災後(2011年12月)

震災後、火力発電所の利用率は大幅に上昇している。
北海道電力の火力発電設備利用率が最も高い。
東日本よりも西日本の方が、設備稼働率に余裕がある。
2011年12月以降、西日本の高浜原発が止まって、現在、上記のグラフよりも火力発電所の稼働率も上昇している。

今後、東京電力柏崎刈羽原発6号機が、3月26日に定期検査の予定。
北海道電力泊原発3号機も4月下旬に定期検査の予定。
となっている。

TOP