タグ : DATA

2017年CO2排出量と2016年大気中のCO2濃度

大気中のCO2濃度(2016年)

世界気象機関(WMO)によると、
2016年の地球全体の大気中のCO2濃度は、前年より3.3ppm増加し、403.3ppmに達した。
メタン(CH4)は1853ppb
一酸化二窒素(N2O)は328.9ppb
いずれも観測史上、最高値を更新。
大気中のCO2濃度は300万年前と同じ水準になった。
また、CO2濃度の増加量は、最近10年間の平均年増加量(約2.2ppm/年)だったが、2016年は3.3ppm増加。
2015~2016年にかけてのエルニーニョ現象が原因で、2017年には大気中のCO2濃度は減少する見通し。

CO2排出量(2017年)

ドイツ・ボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)で13日、2014年以降横ばいとなっていた世界の二酸化炭素(CO2)排出量が、2017年には2%上昇する見通しだとの研究結果が発表された。
2017年に人間の活動によって排出された世界のCO2量は410億トンと推計。
国際研究チーム「グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)」によると、排出量増加の大部分は中国とインドによるもので、排出量は中国が3.5%、インドが2%上昇すると見られている。

地球温暖化の原因は、世界経済の原動力となっている石炭や石油、ガスの燃焼にあるほか、森林伐採も大きな原因の一つとされている。

地球のアルベド

地球の気温は、太陽から入ってくる熱と、宇宙へ出て行く熱のバランスで決まります。
太陽から地球に入ってくる熱は、アルベド(反射率)によります。
太陽からの熱をどれくらい反射しどれくらい吸収するかが決まります。

地球全体としてどのくらい反射しているかというと、

地球全体の平均アルベド:およそ0.3
(季節による変動や地形・大気の状態などによる差を考慮した平均値)

太陽の熱の30%が反射され、70%がいったん地表と大気に吸収されます。
吸収された熱が地球の温度を決めます。
(吸収されたエネルギーも長い時間をかけて赤外線として再び宇宙に放射されます。)

地球全体のアルベドは、平均して0.3ですが、黒は熱を吸収しますし、白は反射しますので場所によって違います。
それぞれのアルベドを簡単に一覧にしてみました。

アルベド(反射率)

  • 水:0.1
  • 森林:0.1~0.2
  • アスファルト:0.15
  • 住宅地:0.2
  • 砂漠:0.25
  • アスファルト:0.45
  • 氷:0.45~0.65
  • 白い雲:0.7
  • 新雪:0.8~0.9

(色々な書籍やWEBサイトを参考。)

※勉強しながら書いている記事なので、誤りがあるかもです。

北海道電力 再値上げ申請 オール電化の値上げ幅28.55%

2014年8月に 北海道電力の2回目の値上げ申請。
北電が経産省に出した値上げ申請では、2014年10月にも平均17.03%値上げという話ですね。
オール電化はどのくらい上がるのか?
(ちなみに前回の北電 電気料金の値上げでは、ドリーム8のモデルケースで16.83%の値上げでした。)
と思いちょっと調べてみたのでまとめてみました。

標準家庭(30A契約、月260kwh使用)の場合

  • 値上げ幅14.78%、1,069円値上げされ、1カ月の料金は8,302円。

「ドリーム8」のモデルケース(8kVA契約、月平均1916kwh使用)の場合

  • 値上げ幅28.55%、平均7,878円値上げ、35,466円。
  • 年間94,536円も負担増。

前回2013年9月からの値上げでは年間45,180円の値上げでしたので、2013年8月までの電気料金と比べると、139,716円の値上げとなります。
大きな負担になりますね。

2013年9月からの電気料金値上げ前に比べると、6割も電気料金が上がることになるんです。

北海道のオール電化世帯数(北海道電力2014/8/20資料より)

北海道オール電化住宅は約20.7万戸。
北海道の全世帯数(約272万世帯「出典:住民基本台帳」)
なので、オール電化の割合は約8%になります。
(http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/kokyoryokin/doc/140820_shiryou1_2_1.pdf)
8%の世帯が年間9万円以上も光熱費が増えてしまったら、個人消費にも大きな影響がありそうです。

この値上げオール電化に厳しすぎませんか?

前回はオール電化のモデルケースは22.02%の値上げ申請が16.83%の値上げとなりましたので、北電の値上げ申請通りにはならないのかもしれませんが、当然、そうなることを見越しての値上げ申請。
多少、値上げ幅が申請よりも小さくなったとしても、大きな負担には変わりありません。

我が家では2012年の電気料金に比べて2013年は節電に努め、なんとか2012年比8%程度アップの電気料金で済みましたが。。。
数万円も値上がりしてしまう電気暖房費に比べたら安く済むように、今年は、ポータブル石油ストーブに活躍してもらおうと思います。
将来的には、薪ストーブの導入も視野に入れて始めるのも良いかもしれませんね。

ついでに、事務所などの電気料金値上げ分についても記載しておきます。

北電が申請した企業向け電気料金の値上げは約22.61%。

事務所・スーパーなど(業務用 高圧受電)
(60kW契約 月11,000kwh使用)

  • 値上げ幅 16.62%、値上げ幅は4万円以上。
  • 値上げ前 約26万円 → 値上げ後 約31万円

(750kW契約 月142,000kwh使用)

  • 値上げ幅 16.81%、値上げ幅は56万円以上。
  • 値上げ前 約334万円 → 値上げ後 約391万円

大規模工場など(産業用 高圧受電)
(100kW契約 月23,000kwh使用)

  • 値上げ幅 18.84%、値上げ幅は約9万円。
  • 値上げ前 約48万円 → 値上げ後 約57万円

(1,200kW契約 月325,000kwh使用)

  • 値上げ幅 19.90%、値上げ幅は約129万円。
  • 値上げ前 約647万円 → 値上げ後 約775万円

北電の電気料金値上げの説明会では、原発ありきの計画ではなく、原発がない場合の中長期計画も詳しく話してほしいものです。(政府が原発再稼働をすすめている中で、そんな計画はないのでしょうが・・・)

これでは、賃金上昇どころか、北海道だけ実質賃金低下がダントツなんてことになるんじゃないでしょうか。

海面上昇の原因と失われている氷床の量

氷床

2013年9月号 NATIONAL GEOGRAPHICの沈む地球 海面上昇が止まらない
という特集記事でティム・フォルジャー(Tim Folger)氏のお話をメモです。

海面上昇の原因は2つ。
熱膨張と陸上の氷が解けて海に流れ込むことが原因。

熱膨張は、水温が上昇し水自体の体積が増えること。
現在の海面上昇のおよそ1/3が熱膨張によるもの。
残りの2/3が陸上の氷が解けて海に流れ込んだもの。
これまでは山岳地帯の氷河が解けて海面上昇をしてきたが、今後の懸念材料としてはグリーンランドと南極大陸の巨大氷床が解けだすこと。

氷床の融解の仕組みは未だ解明されていないが、専門家は1992年以降グリーンランドと南極大陸を合わせて毎年200立方キロメートルあまりの氷が失われてきたとみている。
200立方キロメートルは、2000億トン。

で以下は、Natureの2014年3月17日の記事。

さらなる海水準上昇にグリーンランドが関係する可能性 参照
グリーンランド氷床のこれまで安定していた領域で、地域的な温暖化を原因とする動的薄化(融解水の流出による質量減少)が起こっていることが明らかになった。この新知見は、海水準上昇に対するグリーンランドの寄与が、これまで過小評価されており、今後の将来予測で考慮に入れる必要のあることを示唆している。この研究結果を報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

グリーンランド氷床、とりわけ南東部と北西部の氷河は、過去20年間の世界的な海水準上昇の重要な要因の1つとされていた。これに対して、北東部の氷流は、グリーンランド氷床全体の16%に相当する氷を流出させているが、海水準上昇には寄与しないと考えられていた。

今回、Shfaqat Khanたちは、1978~2012年のグリーンランド氷床全体の表面高度の測定結果を用いて、グリーンランドの沿岸付近の氷の厚さの推移を推定した。今回の研究では、北東部の氷流が、2003年頃まで安定しており、その頃、気温の上昇によって動的薄化が始まったことが明らかになった。また、氷河と海洋が接する流出口では、2002~2004年の温暖な夏に海氷が減少したために、氷山が崩壊し、海への氷流が加速し、2006年以降、グリーンランド北東部の氷流域から毎年10ギガトンの氷質量が失われていることも明らかになった。この傾向は、氷河の速度と氷量の減少が着実に増加するため、近い将来にわたって継続すると予測されている。

10ギガトンは、100億トン。

これほどの氷床がなくなっているのは知りませんでした。
実感もありませんが、これほどのことが起こっているのに、実感がない、リアルに感じないというわけにはいかないのしょうね。
僅かですが、環境の負担にならないような生活を心掛けなければいけないですね。

世界 1人当たりの年間ガソリン、ディーゼル消費量

カリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクールのルーカス・W・デイビス教授が2013年に発表した資料。

グラフは、128ヵ国の年間1人当たりのガソリン、ディーゼル消費量と、1ガロン(約3.785リットル)当たりのガソリン、ディーゼル平均価格を比較したもの。
円の大きさは、国の人口を表している。

世界の年間1人当たりガソリン消費量

世界の年間1人当たり軽油消費量

2015年までに、世界の石油消費量は一日あたり9000万バレル(約3億4069万リットル)に達する。
多くの国々が補助金によって燃料価格を低く抑えている。
デイビス教授によれば、すべての補助金をなくすだけで、世界の燃料消費量はすぐに2900万ガロン(約1億980万リットル)減少するという。
課税も効果的とのこと。
ドイツの場合、1ガロンあたり4ドル(1リットルあたり約1ドル)を超える税金が課税されています。
アメリカでは、ガソリン1ガロンあたり平均で49セント(1リットルあたり約13セント)の税金とかなり安くなっています。
日本に比べても安いですね。
日本は、1リットル当たり60円以上の税金が課税されています。

The Economic Cost of Global Fuel Subsidies
Lucas W. Davis

ディーゼル(軽油)の消費量グラフは

やはり、アメリカの大量消費はすごいですね!
1人当たりガソリンで日本の約3.5倍、ディーゼルで2倍以上も消費しています。

ガソリンとディーゼルだけの消費量でしたが、このほかにも重油、灯油、天然ガス、石炭など大量に資源を消費し続けて、現在の私たちの便利な生活が成り立っているんですね。
少し不便でも、環境に負荷がなるべくかからない生活をすることを心掛けたいですね。

追記:

2013年の中国の石油 1日の消費量と生産量

  • 消費量:1000万バレル
  • 生産量:400万バレル

(ニューヨークタイムズ)
中国はロシアから天然ガス供給を2018年からパイプラインで30年間受けることで合意。(2014/05/23)

TOP