タグ : DATA

電気自動車『リーフ』が走れば走るほど森林保全が進む!?

leaf nissan

日産ゼロ・エミッションファンドというものがある。
これは、電気自動車『リーフ』の走行距離から本来ガソリン車で走ったら出したであろうCo2排出量を算出して国内クレジット制度(J-クレジット制度)を通じて売却するというもの。
算出されたクレジットは、『一般社団法人 低炭素投資促進機構』に売却した。

日産ゼロ・エミッションファンドの実績

  • 対象期間:2012年6月11日~2013年3月31日
  • 対象台数:4,578台
  • 走行距離:23,878,226km(地球597周分)
  • クレジット量:1,710t
  • 売却益:265万6000円

売却益の使用用途:
山梨県丹波山村、山梨県小菅村、山梨県道志村より選定した森林、約16,000平方メートル(テニスコート60面分*)の保全
*テニスコート1面を約260平方メートル(23.77メートル×10.97メートル)で計算
ゼロ・エミッションファンド立ち上げ運営維持費
EVの充電器の設置

リーフの年間走行距離は、車載の通信ユニットから、日産カーウィングスデータセンターに自動的に集約される。
送られてきた総走行距離から、国内クレジット制度の指定する算出基準に沿って削減CO2量を算出。

日産ゼロエミッションファンド知りませんでした!!
素敵な取り組みですね!
走行距離ってどうやって把握してるのかと思ったら、通信してるんですね!
iPhoneからリーフのエアコンON/OFFできたりするんですもんね!
できますよね~!!!
リーフ欲しくなります!(日産の戦略にはまりそうです!!)

ひとつ疑問が・・・
これってリーフを走らせれば走らせるほどCo2削減クレジットが増えて売却益も増えたりするんですかね?
Co2削減クレジットのために走らせるなんてことが可能??
それなら本末転倒だな~と思ったり・・・。

携帯電話会社の基地局数と消費電力

昨年3月8日のWBSで特集していた携帯電話会社の基地局についてのメモです。

携帯電話に向けて電波を送る基地局。
基地局の消費電力は約400W。
ドコモの基地局は全国で約10万局(2013年)。
年間160億円以上の電力コストがかかっている。
(一般家庭の約半分の1kWh10円で計算)
16億kWh/年も使用している。
他の携帯電話会社も同様に多くの基地局を持ち大量の電力を使用している。

太陽光パネルを設置した「グリーン基地局」という取り組みもしているそうです。
災害に強く、自然にもやさしい取り組みに期待ですね!

シェールガス田 3年で産出量が75%減!?暗い話題の一方で明るい話題も!

シェールガスの大規模開発が始まって8年。

ガスの産出量の減少がこれまでのガス田に比べて早いことがわかってきた。
シェールガスのガス田では産出3年程度で産出量が75%以上も減少するという。
産出量を維持していくには新しい井戸を次から次へと掘らなければいけない。
(毎年3割以上をリプレースしなければならない)

それに加えて、ガス価格の低迷や技術者の獲得などで赤字状態。
アメリカ全体で2012年にかかったコストは420億ドルとも言われている。
2012年 アメリカ全体のシェールガス売上高は325億ドル。

2013年のアメリカの天然ガス価格は3~4ドル。
シェールガスは岩石層に溶け込んでいるため採掘には高度な技術が必要で費用も多くかかる。
また、シェールガスブームによって、掘削技術者への高い報酬も生産コストを上げている。

そういうもろもろの事情で

  • 大阪ガスは、テキサス州で進めていたシェールオイル・ガス田開発で想定通りの生産ができないと判断、290億円の特別損失(投資総額330億円)を計上。
  • 英ブリティッシュ・ペトロリアムもすでに21億ドルの評価損を計上。
  • 2013年4月、オクラホマ州でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズが米連邦破産法第11条を申請。
  • 2013年10月には、ロイヤル・ダッチ・シェルが240億ドルを投じた米国のシェールガス事業が失敗に終わったとの観測が高まっている。

などなど、不吉な動きもみられるとのこと。

「なぜシェールガスはカベにぶつかっているのか
世界平和研究所主任研究員の藤和彦氏に聞く」より
http://toyokeizai.net/articles/-/28835

シェールガスの暗い話題の一方で明るい話題も!

  • 2014年1月5日
    米ペンシルバニア州グリーンカウンティにある25カ所のシェールガス鉱区を開発するため、中国最大の石炭開発会社神華グループは米ECAと組み、合弁会社設立。
    神華グループは9000万ドルを投資し、ECAは運営する。
  • 1月13日、フランス系大手石油会社のトータルは、イギリス中東部リンカーンシャー地域のシェールガス開発に4800万ドルを投資すると発表。
    イギリスに埋蔵されているシェールガスは約7400億立方メートルと言われる。(ロシア、ポーランド、フランス、デンマークに続く欧州5位の埋蔵量)
    トータルはすでに米国、アルゼンチン、中国、オーストラリアなどですでにシェールガス開発が始動している。

採掘技術が米国で商用化されてからまだ20年に満たない。
(大規模開発が始まって8年程度)
現在の技術で採掘できるシェールガスは天然ガスの32%程度で、今後シェールガスの採掘可能量が増える余地が大きいそうですよ。
(情報元は中央日報の記事なんでどこまであれなのかわかりませんが・・・)

シェールガス掘削には、未知の部分が多くてこれからどうなるかなんて誰もわからないってことですね。

アメリカや中国は、シェールガス埋蔵量が多く、手放せない資源なので、開発が諦められるなんてことはよほどのことがない限りなさそうですね。

アメリカ 白熱電球製造中止でLED普及!?ニューヨーク市の場合

街灯 LED

アメリカでは2013年1月から全面的に白熱電球の製造中止となった。
この規制で、白熱電球が主力だったアメリカの家庭でも蛍光灯やLEDが本格的に導入されそう。

ニューヨーク市の場合、2017年までに25万基の街灯をLED電球に変更するとしている。
すでに、セントラルパークや高速道路などで使用テストが始められている。
これにより、ニューヨーク市は、電気代年14億円の節約ができ、温室効果ガスは30%削減できるとしている。

今後LED照明は、北米で毎年45%ずつ売上増の予想がある。

ちなみに、日本ではLEDと言えば、NICHIA(日亜化学工業)が連想されますが、アメリカでは、CREEだそうですよ。

日本 森林の成長量と伐採量

日本の森林の成長量と伐採量はどうなっているのかふと気になり調べてみました。

以下のグラフは平成19年までのデータしかありません。

森林資源 蓄積量 推移
http://www.jora.jp/chiikizai/pdf/20130221siryou1-1.pdf より

もっと最近データはないかと探してみたところ、こんな対談がありました。
集成材大手の銘建工業株式会社と真庭バイオマス発電の代表取締役 中島浩一郎さんの話では、
日本の森林は年間1億7000m3育っているが、伐採している量は年間3500m3程度。
だそうです。

http://www.nice.co.jp/nbr/2012-12-01_2004/02.html

最近また増えているということなのかな。

ちなみに
真庭バイオマス発電は、出力は木質バイオマスで国内最大の1万キロワット。(2015年4月稼働予定)
年330日・24時間稼働し、年間出力7万9千メガワット時(メガは100万)。年21億円の売電収入を見込む。
燃料は真庭市を中心とした地域から間伐材などの未利用材を年9万トン、製材所から出る端材など一般木材を5万8千トン集める。
真庭市の電力の多くを賄おうと市などと団体をつくって運営していくそうです。

TOP