タグ : 災害

地球温暖化による海面上昇で島国はどうなる?

世界には、ツバルやモルディブなど標高が低い小さな島国が多く存在します。
また、バクグラディシュのような国土の多くが低湿地にあるような国も数多く存在します。

地球温暖化によって海面上昇が起こります。
21正規待つまでに温暖化により、海面は18~59cm上昇すると予測されています。
この範囲であれば、標高が低い島国が完全に水没することはないだろうと考えられています。

しかし、海面が上昇すると自然災害の影響をより深刻に受けやすくなります。
浸水、高潮、沿岸侵食といった災害の発生につながってしまいます。
沿岸部に海水が入り込むことで塩害が生じて、農作物の生産量が低下するなどの影響がでます。
人間の生活に大きな影響を与えることになります。

対策としては、堤防工事などが考えられます。
しかし、途上国では、資金・技術などの制約があり、十分な対策をとるための環境が整っていません。
国際的な支援が必要となっています。

21世紀末までには、島国は水没しないかもしれませんが、もっと長いスパン(数百年)でみると、このままでは完全に水没してしまうでしょう。

地球温暖化による気象の変化

地球温暖化の影響は、ただ地球の気温が上昇するだけではありません。
気温がわずかに変化するだけで台風や干ばつなどの極端な事象は大幅に変化してしまいます。
また、降水量の変化により、降水量が少なくなる地域、多くなる地域の偏りが大きくなります。
それにより、干ばつや山火事、台風、洪水などの自然災害が増加します。

自然災害が増えると、農作物の収穫に大きな影響を与えます。
年平均で多少の降水量の変化でも、
いつも雨が降る時期に降らなかったり、雨が降らない時期に急激に降ったりすると、作物にすぐに影響がでてしまいます。
干ばつの地域では、作物の生産量が激減してしまいます。

漁業にも影響がでます。
漁獲量が急激に減ったり、増えたり、魚の種類に変化があります。

食糧の確保が難しくなってくることも考えられます。

少しの変化が、様々な場面に波及していきます。

マンガ「日本沈没」一色登希彦

東京を巨大地震が襲ったら?
日本の各地で巨大地震が頻発したら?
日本が沈没することになったら?

漫画「日本沈没」

漫画「日本沈没」

面白くタメになる漫画。
地球の危機に関する映画が多い中、何か起こりそうな気がしてしちゃいませんか?
(すでに起こっているのかもしれませんけど。)

たとえば、
「日本が沈没してしまうほどの天災が起こったらどうなる?」
人間一人で想像できる範囲なんて限られています。
この漫画は想像の幅を広げる助けになるかも。

多少、展開が突飛すぎたり、解説に偏りを感じたり、寄り道が多かったりはありますが、
「こうなるかもしれない。」
「こういうこともありえる。」
と頭の中の引き出しを増やすことになることは間違いないと思います。

既に完結して2年ほど経つ漫画なので、古本屋やレンタル漫画で安く読めると思います。
漫画「日本沈没」は全15巻。

TOP