タグ : ECO

意外にも太陽熱発電の伸び率1位

太陽熱発電所

2004年から2013年にかけて世界の総出力の伸び率は太陽熱が1位。

ちなみに風力は3位。

太陽熱発電は、太陽の熱で水分を蒸発させて、蒸気の勢いでタービンを回す。
というもの。

太陽光と違い、太陽電池は不要で、コストを抑えられる。
また、熱として蓄えることができるので、太陽が沈んだあとにも発電することができるメリットがある
日が出ていなくても最長で15時間も発電できる発電所もある。

世界の太陽熱発電所の総出力は太陽光発電の3%程度でしかない。
(2013年時点)
国際エネルギー機関は。2035年には太陽熱発電の総発電量が太陽光発電の60%に迫るという予測をしている。
今後、まだまだ伸びそうな太陽熱発電。
期待したいですね。

アイヴァンパ
アメリカ カリフォルニア州とネバダ州の境ある140mのタワー3基。
太陽を追尾できる装置を備えた鏡34万7000枚。
面積は14.2平方キロメートル。
最大出力は約39万kW。
現地での14万世帯に電力を供給している。
2014年2月に全面稼働を開始。
google、NRG Energy社、BrightSource Energy社が出資している。
サイト:http://www.ivanpahsolar.com/

ヘマソラール
スペイン アンダルシア州。
世界初の24時間運転可能な商用太陽熱発電所。
高さ140m。
最大出力は12万kW。
年間発電量は日本に一般家庭3万世帯分に相当。

世界と日本の風力発電量

風力発電

世界中の風力発電量は2011年時点で年間4340億キロワット時(以下kWh)。
太陽光による発電量の約7倍にもなる。
1億4000万人分相当となる。
(世帯平均での1人当たりの年間消費電力約3100kWh)

風力発電は条件のもっとも良い場合、1kWh5円前後で格安のエネルギーになる場所もある。
デンマークのロラン島などでは風力発電量が島での使用量を超えているようなところもある。

日本はというと、風力発電量は約134万世帯分。
(2012年度 日本の標準的な年間消費電力量は約3600kWh)
約48億2400万kwh。
北電が買い取り拒否をしたりなどしていますし、これから海洋風力なども期待できるのでもっと自然エネルギーが増える余地はありそうですね。

洋上ウィンドファーム

陸に比べると、洋上の方が風は強く、風力発電の出力は風速が2倍になれば8倍にもなる。
日本では、海は権利が何かと大変だそうで、漁業などとうまくやっていってくれれば拡がっていくのかもしれませんね。
(地熱の温泉組合などとの関係と同じようになっていくのでしょうか・・・)
福島洋上風力コンソーシアムで実証実験が2011年から行われているそうです。

TV番組「夢の扉」でもやっていました。

セルロースナノファイバー 無尽蔵の植物100%素材 重さは鉄の1/5で強度は5倍

植物のもつセルロースを細かくした再生可能で無尽蔵な植物100%素材のセルロースナノファイバー。
このセルロースナノファイバーだけを集めて圧縮したものは、重量が鉄の1/5で強度が5倍、170℃に熱した油に入れても熱膨張によって変形しないものになる。
将来は、車や家電に使われることも期待されている。
さらに、透明にすることにも成功し、ディスプレイなどにも活用も可能になりそうだという話。

夢の扉 鉄より強い植物素材 動画

セルロースナノファイバーは、強い素材もできる上に食べ物に混ぜると良い効果も。
ラーメンに混ぜれば、伸びにくいラーメン、ソフトクリームに混ぜれば、溶けにくいソフトクリームなどができる!

ナノファイバーがとれる植物は、木材だけではなく、じゃがいもです稲わらでもいいそうです。

すごいですね。

この素材を開発したのは京都大学の矢野教授。
矢野教授のWEBサイトにもっと詳しく載っています。

セルロースナノファイバーとは Cellulose Nanofibers
京都大学生存圏研究所 生物機能材料分野

ナノセルロース20090403

環境に負荷をかけないモノづくりが進んでいきそうですね!

海面上昇の原因と失われている氷床の量

氷床

2013年9月号 NATIONAL GEOGRAPHICの沈む地球 海面上昇が止まらない
という特集記事でティム・フォルジャー(Tim Folger)氏のお話をメモです。

海面上昇の原因は2つ。
熱膨張と陸上の氷が解けて海に流れ込むことが原因。

熱膨張は、水温が上昇し水自体の体積が増えること。
現在の海面上昇のおよそ1/3が熱膨張によるもの。
残りの2/3が陸上の氷が解けて海に流れ込んだもの。
これまでは山岳地帯の氷河が解けて海面上昇をしてきたが、今後の懸念材料としてはグリーンランドと南極大陸の巨大氷床が解けだすこと。

氷床の融解の仕組みは未だ解明されていないが、専門家は1992年以降グリーンランドと南極大陸を合わせて毎年200立方キロメートルあまりの氷が失われてきたとみている。
200立方キロメートルは、2000億トン。

で以下は、Natureの2014年3月17日の記事。

さらなる海水準上昇にグリーンランドが関係する可能性 参照
グリーンランド氷床のこれまで安定していた領域で、地域的な温暖化を原因とする動的薄化(融解水の流出による質量減少)が起こっていることが明らかになった。この新知見は、海水準上昇に対するグリーンランドの寄与が、これまで過小評価されており、今後の将来予測で考慮に入れる必要のあることを示唆している。この研究結果を報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

グリーンランド氷床、とりわけ南東部と北西部の氷河は、過去20年間の世界的な海水準上昇の重要な要因の1つとされていた。これに対して、北東部の氷流は、グリーンランド氷床全体の16%に相当する氷を流出させているが、海水準上昇には寄与しないと考えられていた。

今回、Shfaqat Khanたちは、1978~2012年のグリーンランド氷床全体の表面高度の測定結果を用いて、グリーンランドの沿岸付近の氷の厚さの推移を推定した。今回の研究では、北東部の氷流が、2003年頃まで安定しており、その頃、気温の上昇によって動的薄化が始まったことが明らかになった。また、氷河と海洋が接する流出口では、2002~2004年の温暖な夏に海氷が減少したために、氷山が崩壊し、海への氷流が加速し、2006年以降、グリーンランド北東部の氷流域から毎年10ギガトンの氷質量が失われていることも明らかになった。この傾向は、氷河の速度と氷量の減少が着実に増加するため、近い将来にわたって継続すると予測されている。

10ギガトンは、100億トン。

これほどの氷床がなくなっているのは知りませんでした。
実感もありませんが、これほどのことが起こっているのに、実感がない、リアルに感じないというわけにはいかないのしょうね。
僅かですが、環境の負担にならないような生活を心掛けなければいけないですね。

電気自動車『リーフ』が走れば走るほど森林保全が進む!?

leaf nissan

日産ゼロ・エミッションファンドというものがある。
これは、電気自動車『リーフ』の走行距離から本来ガソリン車で走ったら出したであろうCo2排出量を算出して国内クレジット制度(J-クレジット制度)を通じて売却するというもの。
算出されたクレジットは、『一般社団法人 低炭素投資促進機構』に売却した。

日産ゼロ・エミッションファンドの実績

  • 対象期間:2012年6月11日~2013年3月31日
  • 対象台数:4,578台
  • 走行距離:23,878,226km(地球597周分)
  • クレジット量:1,710t
  • 売却益:265万6000円

売却益の使用用途:
山梨県丹波山村、山梨県小菅村、山梨県道志村より選定した森林、約16,000平方メートル(テニスコート60面分*)の保全
*テニスコート1面を約260平方メートル(23.77メートル×10.97メートル)で計算
ゼロ・エミッションファンド立ち上げ運営維持費
EVの充電器の設置

リーフの年間走行距離は、車載の通信ユニットから、日産カーウィングスデータセンターに自動的に集約される。
送られてきた総走行距離から、国内クレジット制度の指定する算出基準に沿って削減CO2量を算出。

日産ゼロエミッションファンド知りませんでした!!
素敵な取り組みですね!
走行距離ってどうやって把握してるのかと思ったら、通信してるんですね!
iPhoneからリーフのエアコンON/OFFできたりするんですもんね!
できますよね~!!!
リーフ欲しくなります!(日産の戦略にはまりそうです!!)

ひとつ疑問が・・・
これってリーフを走らせれば走らせるほどCo2削減クレジットが増えて売却益も増えたりするんですかね?
Co2削減クレジットのために走らせるなんてことが可能??
それなら本末転倒だな~と思ったり・・・。

TOP