タグ : エネルギーのこと

意外にも太陽熱発電の伸び率1位

太陽熱発電所

2004年から2013年にかけて世界の総出力の伸び率は太陽熱が1位。

ちなみに風力は3位。

太陽熱発電は、太陽の熱で水分を蒸発させて、蒸気の勢いでタービンを回す。
というもの。

太陽光と違い、太陽電池は不要で、コストを抑えられる。
また、熱として蓄えることができるので、太陽が沈んだあとにも発電することができるメリットがある
日が出ていなくても最長で15時間も発電できる発電所もある。

世界の太陽熱発電所の総出力は太陽光発電の3%程度でしかない。
(2013年時点)
国際エネルギー機関は。2035年には太陽熱発電の総発電量が太陽光発電の60%に迫るという予測をしている。
今後、まだまだ伸びそうな太陽熱発電。
期待したいですね。

アイヴァンパ
アメリカ カリフォルニア州とネバダ州の境ある140mのタワー3基。
太陽を追尾できる装置を備えた鏡34万7000枚。
面積は14.2平方キロメートル。
最大出力は約39万kW。
現地での14万世帯に電力を供給している。
2014年2月に全面稼働を開始。
google、NRG Energy社、BrightSource Energy社が出資している。
サイト:http://www.ivanpahsolar.com/

ヘマソラール
スペイン アンダルシア州。
世界初の24時間運転可能な商用太陽熱発電所。
高さ140m。
最大出力は12万kW。
年間発電量は日本に一般家庭3万世帯分に相当。

世界と日本の風力発電量

風力発電

世界中の風力発電量は2011年時点で年間4340億キロワット時(以下kWh)。
太陽光による発電量の約7倍にもなる。
1億4000万人分相当となる。
(世帯平均での1人当たりの年間消費電力約3100kWh)

風力発電は条件のもっとも良い場合、1kWh5円前後で格安のエネルギーになる場所もある。
デンマークのロラン島などでは風力発電量が島での使用量を超えているようなところもある。

日本はというと、風力発電量は約134万世帯分。
(2012年度 日本の標準的な年間消費電力量は約3600kWh)
約48億2400万kwh。
北電が買い取り拒否をしたりなどしていますし、これから海洋風力なども期待できるのでもっと自然エネルギーが増える余地はありそうですね。

洋上ウィンドファーム

陸に比べると、洋上の方が風は強く、風力発電の出力は風速が2倍になれば8倍にもなる。
日本では、海は権利が何かと大変だそうで、漁業などとうまくやっていってくれれば拡がっていくのかもしれませんね。
(地熱の温泉組合などとの関係と同じようになっていくのでしょうか・・・)
福島洋上風力コンソーシアムで実証実験が2011年から行われているそうです。

TV番組「夢の扉」でもやっていました。

北電 オール電化 ドリーム8の深夜料金 値上げ前から70%アップ

2013年8月31日以前のドリーム8深夜料金は8.55円/kWhでした。
現在、10.43円/kWhになっています。
で、今回申請通りの値上げは一律4.11円値上げですので、14.54円/kWhになります。

8.55円/kWhからわずか1年程度で14.54円/kWhになってしまいます。
1年程度で70%以上の値上げです。

もともとの8.55円/kWhが安かったから一律の値上げして比較すると、多く値上げされているように感じるという話を北電はされますが・・・
それなら、オール電化のメリットはない。
ある程度設備が古くなったら、オール電化をやめることも選択肢に入れても良い時期かもしれません。
(お金貯めなきゃ!!)

こうなったら電気料金高くしてもらって、2016年の電力小売り全面自由化になった際には、電力販売業者の参入しやすい環境になってくれればいいと思ったりもします。(やけくそですね・・・)
そう考えてみると
「原発再稼働したら2ヶ月以内に電気料金は値下げする。」
という北電の副社長の発言は、電力小売りの全面自由化を視野に入れて牽制発言だった側面もあるのかもしれないですね。

値上がりした電気料金は、北電からだけではなく、2013年から比べると今年4月に上がった消費税の3%分も増えています。
来年10月に消費税10%になると思うと、すでに恐ろしいのに、これ以上どうしろと・・・。
という気持ちになっちゃいます。

ガソリンも高いですし、普通に生活していくための経済的負担が大きくなっていきますね。。。

北海道電力「再々値上げしない!」と言っている件。

北海道電力が政府に申請した電気料金の値上げについて、経済産業省の有識者会議「電気料金審査専門小委員会」の3回目会合が5日、経産省で開かれた。

北海道電力は料金算定の対象期間である2015年度までは再々値上げをしない方針を示した。
(今回がすでに再々値上げなのにな~。)

酒井修副社長は、
「泊原発(後志管内泊村)が見込みより早く再稼働した場合は、営業運転後、2カ月以内に値下げを目指していきたい」
とし、
「前提よりも遅く再稼働した場合、収入不足になるが、再々値上げはしない」
と述べた。
再稼働が想定より遅れた場合でも、再稼働が実現すれば今回の審査の料金算定期間が終了する2016年度以降に値下げするとした。

申請時に前提となる燃料費は2013年4月から2016年3月の3年間で、申請時点では、この間の燃料費を割高な石油の価格で算定しており、再稼働の時期が早まった場合、再値上げによる料金の取り過ぎが生じるため、値下げしないということはありえないはず。

北海道電力 泊原発再稼働時期(申請されている予定)

  • 2015年11月:3号機
  • 2016年1月 :1号機
  • 2016年3月 :2号機

と想定して再値上げを申請。

原発の再稼働の見通しが2016年度以降も立たないケースについて酒井副社長は取材に
全くずっと稼働しないということは想定外で考えていない
と答えましたとさ。

『2015年度までは再々値上げをしない方針』といいますが、すでに再々値上げなのにな~
と思っているのは私だけではないはずです!!
これ逆に
『原発再稼働ができなければ、2016年度以降は再々値上げする方針』ってことですか・・・
再稼働できなかったら、どんどん電気料金の値上げするからね。という脅しにも聞こえる。

北電の再々値上げは、認められてしまうのでしょうか・・・

専門小委は9月11日に札幌市で公聴会を開いて利用者の声を聞くことも予定している。

そもそも、原発再稼働と電気料金をごちゃまぜにして話しているのがおかしいんですけどね・・・。

北海道電力 再値上げ申請 オール電化の値上げ幅28.55%

2014年8月に 北海道電力の2回目の値上げ申請。
北電が経産省に出した値上げ申請では、2014年10月にも平均17.03%値上げという話ですね。
オール電化はどのくらい上がるのか?
(ちなみに前回の北電 電気料金の値上げでは、ドリーム8のモデルケースで16.83%の値上げでした。)
と思いちょっと調べてみたのでまとめてみました。

標準家庭(30A契約、月260kwh使用)の場合

  • 値上げ幅14.78%、1,069円値上げされ、1カ月の料金は8,302円。

「ドリーム8」のモデルケース(8kVA契約、月平均1916kwh使用)の場合

  • 値上げ幅28.55%、平均7,878円値上げ、35,466円。
  • 年間94,536円も負担増。

前回2013年9月からの値上げでは年間45,180円の値上げでしたので、2013年8月までの電気料金と比べると、139,716円の値上げとなります。
大きな負担になりますね。

2013年9月からの電気料金値上げ前に比べると、6割も電気料金が上がることになるんです。

北海道のオール電化世帯数(北海道電力2014/8/20資料より)

北海道オール電化住宅は約20.7万戸。
北海道の全世帯数(約272万世帯「出典:住民基本台帳」)
なので、オール電化の割合は約8%になります。
(http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/kokyoryokin/doc/140820_shiryou1_2_1.pdf)
8%の世帯が年間9万円以上も光熱費が増えてしまったら、個人消費にも大きな影響がありそうです。

この値上げオール電化に厳しすぎませんか?

前回はオール電化のモデルケースは22.02%の値上げ申請が16.83%の値上げとなりましたので、北電の値上げ申請通りにはならないのかもしれませんが、当然、そうなることを見越しての値上げ申請。
多少、値上げ幅が申請よりも小さくなったとしても、大きな負担には変わりありません。

我が家では2012年の電気料金に比べて2013年は節電に努め、なんとか2012年比8%程度アップの電気料金で済みましたが。。。
数万円も値上がりしてしまう電気暖房費に比べたら安く済むように、今年は、ポータブル石油ストーブに活躍してもらおうと思います。
将来的には、薪ストーブの導入も視野に入れて始めるのも良いかもしれませんね。

ついでに、事務所などの電気料金値上げ分についても記載しておきます。

北電が申請した企業向け電気料金の値上げは約22.61%。

事務所・スーパーなど(業務用 高圧受電)
(60kW契約 月11,000kwh使用)

  • 値上げ幅 16.62%、値上げ幅は4万円以上。
  • 値上げ前 約26万円 → 値上げ後 約31万円

(750kW契約 月142,000kwh使用)

  • 値上げ幅 16.81%、値上げ幅は56万円以上。
  • 値上げ前 約334万円 → 値上げ後 約391万円

大規模工場など(産業用 高圧受電)
(100kW契約 月23,000kwh使用)

  • 値上げ幅 18.84%、値上げ幅は約9万円。
  • 値上げ前 約48万円 → 値上げ後 約57万円

(1,200kW契約 月325,000kwh使用)

  • 値上げ幅 19.90%、値上げ幅は約129万円。
  • 値上げ前 約647万円 → 値上げ後 約775万円

北電の電気料金値上げの説明会では、原発ありきの計画ではなく、原発がない場合の中長期計画も詳しく話してほしいものです。(政府が原発再稼働をすすめている中で、そんな計画はないのでしょうが・・・)

これでは、賃金上昇どころか、北海道だけ実質賃金低下がダントツなんてことになるんじゃないでしょうか。

TOP