タグ : 資源

発電用の石炭価格・消費量(日本)

電力会社が購入している発電用の石炭価格っていくらなのか?
と思って調べたら出てきた記事です。

日本の発電 石炭の発電割合と消費量

電気事業連合会によると、11年度に日本国内で発電用電源に占めた石炭の割合は25%。
発電コストが割安なため常時フル稼働している火力発電所が多い。
発電用石炭の電力10社の消費量は年間約5000万トン。
東京電力は年間400万トンの石炭を消費している。
日本の電力会社は年間契約で調達する豪州産の石炭価格を年4回に分けて交渉している。

発電用石炭 2012年7月からの年間契約価格 東京電力
東京電力とスイス資源大手エクストラータが交渉していた発電用石炭(一般炭)の7月契約の価格交渉が値下げで決着した。新価格は1トン95ドル前後となり、1年前と比べ25%、4月契約時点と比べると17%それぞれ下落。
値決めの指標となる豪州、ニューカッスル港のスポット価格は直近6月中旬時点で1トン約86ドル(コーリンクインデックス調べ)。1年前と比べ28%、3月末と比べ18%それぞれ安い。
日本の電力業界は全体の石炭調達量の6割強を4月~翌年3月の契約でまかなう。7月~翌年6月契約分は1割弱にすぎない。
7月からの契約分は全体の25%を占める。
(日経新聞2012年7月4日の記事を参考)

発電用石炭 2012年10月からの年間契約価格 東北電力
東北電力とエクストラータが交渉していた発電用石炭の10月からの年間契約価格は、主力のオーストラリア産で前年比23%の値下げで決着。
豪州産の発電用石炭は1トン96.90ドルと前年に比べ30ドル弱(23%)下がった。年間で調達量が最も多い12年4月からの年間契約分に比べても16%安い。
年間価格の交渉に影響するスポット価格は豪州のニューカッスル港積みで現在、1トン85ドル強と2年10カ月ぶりの安値をつけた。
10月からの年間契約量は電力会社が調達する発電用石炭の20~25%を占める。
(日経新聞2012年10月24日の記事を参考)

発電用石炭の価格下落の要因

石炭の供給面
石炭の生産や出荷は天候に左右されやすい。
しかし、今年は豪州鉱山を主力にする豪英資源大手のBHPビリトンの7~9月の発電用石炭の生産量は前年同期比6%増。
英豪資源大手リオ・ティントの生産も増加。

石炭の需要面
世界経済の悪化で需要にマイナス。
欧州への輸出が伸び悩み。
中国の産業向け電力の需要の伸び悩み。
中国では石炭が発電用電源の8割前後を占める。

などで石炭の需給の緩和されているため、石炭の価格は下落している。

日本の電力会社のコスト負担が軽減されますね。
液化天然ガス(LNG)や石油の価格は、なかなか下がってきてませんので、大きな負担減にはなっていないようです。

オホーツク海・秋田県沖合の日本海にもメタンハイドレート

北海道網走沖のオホーツク海と、秋田県の沖合の日本海の海底に、メタンハイドレートが存在することを明治大学の研究グループが発見した。
両方の場所で、
陸からおよそ30キロから50キロ沖合
水深およそ800メートルから1000メートルの海底
地中数メートルにわたってメタンハイドレートの塊が見つかったということ。
埋蔵量に関しては、今後調査する。
明治大学の松本良特任教授は
「こうした場所はたくさんあると考えてよい」
と海底に多くの資源が眠っている可能性を示した。

これまで見つかっていたメタンハイドレートよりも浅い場所に埋まっており、コストをかけずに掘り出しやすい。

他にも、兵庫県から島根県にかけての日本海沖でも船から音波を使って調べたところ、メタンハイドレートが存在する可能性が高いことを示すガスチムニーがあることがわかった。
ガスチムニーとは、海底にメタンガスなどが吹き出している状態。

これまで見つかっているメタンハイドレート

メタンハイドレートは、これまで太平洋側の東海地方から和歌山県にかけての沖合などや、日本海側では、新潟県の沖合の海底で発見されていた。
また、海底下表層のメタンハイドレートはこれまでにメキシコ湾やカナダのバンクーバー沖、サハリン沖などでも発見されている。

国産のエネルギー資源として期待が高まります。
エネルギー資源のほとんどを海外から輸入に頼っている日本にとっては朗報です。
さすがに今回見つけた場所であれば他国から横槍がはいることはなさそうですね。

スウェーデン ごみが足りなくてノルウェーから輸入

スウェーデンでは、ごみのリサイクルに信じられないほど成功し、困った事態に陥っているそうです。
リサイクルが成功しているのに困るなんて・・・
そっちの方が信じられませんが。

スウェーデンでは、ごみの96%がリサイクルされ、残り4%が焼却炉で燃やされ温水や発電しています。
4%のごみからは、スウェーデンの地域暖房の20%、25万世帯分の電力が供給されています。

しかし、あまりにもリサイクルが成功しすぎてしまったために、焼却するごみが足りないという事態に陥ってしまったそうです。
可燃ゴミが減り、ごみの焼却能力・発電能力が余ってしまったのです。
この事態を解決するために、スウェーデンはノルウェーなどの近隣国からごみを80万トンも輸入することにしました。

ノルウェーは、ごみを処分してもらえるし、スウェーデンは貴重なエネルギー源を手にすることが出来き、win-winの関係。

しかし、良いことばかりではないようで、
ノルウェーから輸入したごみは、スウェーデンで焼却され暖房や発電に生かされた後、灰がノルウェーに返却されることになります。
その灰には、ダイオキシンや重金属なども含まれている。
とスウェーデン環境保護庁(EPA)のシニア·アドバイザー オストランド氏は説明しています。

将来的には、リサイクルが進んでいないイタリア、ルーマニア、ブルガリア、リトアニアなどの国からごみを輸入しようと考えているそうです。
オストランド氏は、最後に
「長期的には、リサイクルした方が良いが、短期的な視点でみると、とても良い解決策だと思う。」
としています。

参考記事
Sweden imports waste from European neighbors to fuel waste-to-energy program

うーん。
ただ埋め立てられるよりも、ごみが有効活用されて化石燃料を使わない方が良いのかもしれない。
けど、わざわざごみを輸入するなんて無駄が多いような。。。
リサイクルが成功しすぎるのは良いことだけど、エネルギーが不足するというのも大変ですね。

サトウキビから砂糖とバイオエタノール「逆転生産プロセス」

アサヒHDの豊かさ創造研究所と農研機構 九州沖縄農業研究センターは
サトウキビから生産できる砂糖の量を大幅に増やしながら、バイオエタノールも併せて生産する「逆転生産プロセス」を開発したと発表。
バイオエタノールは食糧にもなるサトウキビやトウモロコシから作られるため、需要増加が食料不足につながると指摘されてきた。
従来の砂糖・エタノールの生産プロセスは
サトウキビ搾汁→砂糖→エタノール
だったところを
逆転生産プロセスでは
サトウキビ搾汁に特殊な酵母を混ぜ、砂糖とエタノールをつくる。
さらに、出来たエタノールを砂糖とエタノールにする。

アサヒHD バイオエタノール 逆転生産プロセス

アサヒHD バイオエタノール 逆転生産プロセス

サトウキビの中の不純物だけをエタノールに変え、砂糖の生産効率は約2倍となった。

新技術で「食料と競合せずにエネルギーを生産できる」とし、2015年の実用化を目指す。

廃熱を電気に!低温の熱で発電できる小型発電システム

夢の扉でやっていたアルバック理工の石井芳一さん。
65度以上の廃熱であれば発電できるそうです。
この番組見ていたのですが、
動画の実証実験は成功し、目標の3.5kW超えの発電ができていました。

TOP